性感染症

外来・診療のご案内 menu
HITO病院 menu close
  • 看護部
  • 採用情報
  • mail
  • map
  • facebook
  • twitter

x 閉じる

性感染症

性感染症(STD)は、性行為によって感染する病気のことです。 一昔前までは「性病」と呼ばれていましたが、現在は「性感染症」やSTD(Sexually Transmitted Diseases)という名称で呼ばれるようになりました。
感染症法規定の「性感染症」は6種(性器クラミジア感染症、性器ヘルペスウイルス感染症、尖圭コンジローマ、梅毒、淋菌感染症、HIV感染症/エイズ)ですが、 一般的には「性行為により感染する病気」と広義にとらえた形で呼ばれています。

精液、腟分泌液、血液、患部組織(ブツブツ、イボ、ただれなど)などにSTDの原因となる細菌や ウイルスなどがふくまれており、性行為により相手の性器、肛門、口などの粘膜や皮膚と接触することにより感染します。
STDは、必ずしも自覚症状があるとは限らず、 そのため、感染に気づいたときにはすでに多くの人に伝染していることも考えられます。

「コンドームを着用する」「出血のおそれがある性行為をしない」といった基本的な知識を持っていれば、 性感染症(STD)の感染はかなりの確率で防ぐことができます。
男性の場合は、おしっこをすると痛かったり、うみが出たりします。女性の場合はおりものの量が増えたり、状態がかわったりします。 それ以外にも皮ふにイボやしこりができるなど、さまざまな症状があります。

対処方法として最も大切なのは早期発見、早期治療を行うことです。おかしいと思ったら早く病院へ行って治療することが大事です。 ほとんどのSTDは治療可能ですので、病院で検査をうけて確実に治療しましょう。
症状が軽いから、恥ずかしいからと言って病院に行かず、 病気を進行させてしまうことは避けてください。ピンポン感染の可能性があるので、パートナーも一緒に受診することが大切です。

クラミジア(咽頭の感染も含む)

感染してから症状が出るまで1~4週間程度。感染すると、男性は尿道にむずがゆさをおぼえるようになります。
女性は帯下が増えて腹痛を起こしやすくなるものの、感染に気づかないケースが多いようです。 女性はクラミジアに感染しても自覚症状が出にくいために、知らない間に感染していたり、知らない間に感染させてしまうことが多くなります。 一般に女性の80%、男性の50%に症状が出ないといわれています。


性器ヘルペス

感染してから症状が出るまで3日~1週間程度。ヘルペスの病変部と接触することにより発症します。 男女とも性器に小さな水泡が多数でき、痛みとかゆみが続きます。ヘルペスに一度感染してしまうと、その後はウイルスを死滅させることができません。 ただし、再発を抑える治療を行うことは可能となっています。

尖圭コンジローマ

ヒト・パピローマ・ウイルスに感染してから症状が出るまで数ヶ月~数年程度。女性のほとんどが一生に一度は感染するといわれているウイルスです。 性交渉によって感染しますが、ほとんどの場合は免疫力によってすぐに消滅します。
しかし、まれに消滅せずに残ってしまうケースがあり、 そのまま放置すると「尖圭コンジローム」、「子宮頸癌」の原因となります。

梅毒

感染してから症状が出るまで3週間~3ヶ月程度。皮ふや粘膜の小さな傷から、トレポネーマという病原菌が侵入することで発症します。
第1期は性器に痛みをともなわない硬いしこりができ、第2期になると全身(特に手足)に小さな斑点が多数出てきます。 男女とも症状が出ないタイプがあり、この場合は専用の血液検査で判明することが多いようです。

淋病(咽頭の感染も含む)

感染してから症状が出るまでは2~7日程度。オーラルセックスによってうつることが多く、感染すると、男性は排尿の際に痛みが走り、濃い黄色の膿が出ます。
女性はおりものが多くなるものの、通常は痛みを感じることがありません。感染に気がつきにくいため、注意が必要です。

AIDS

感染してから症状が出るまで3ヶ月~数年程度。ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞を破壊し、免疫不全を起こす病気です。 HIVに感染してAIDSが発症するまでは、健康保菌者(キャリアー)になるだけで、外観上は健康な状態と変わりません。
しかし一度発症すると、急激な体重の減少、著しい寝汗、下痢などの症状が続き、数年で死に至ることもあります。

雑菌性尿道炎

感染してから症状が出るまで1~10日程度。汚れた手のまま性器に触れると、傷口から雑菌が体内に入って発症します。男性は排尿時に痛みをともないます。一方、女性の場合、自覚症状が出ることはほとんどありません。

軟性下疳(なんせいげかん)

感染してから症状が出るまで3日~1ヶ月程度。東南アジア、アフリカ、南米などに多く、そのため、日本国内で感染することはほとんどありません。感染すると、男女とも性器に豆粒くらいのコブができ、その後は強い痛みをともなう潰瘍が患部に広がります。

トリコモナス

感染してから症状が出るまで1~3週間程度。トリコモナス原虫の感染によって発症します。ぬれたタオルやトイレの便座などからも感染することがあります。 女性の場合、外陰部にかゆみや灼熱感があったり、おりものが増えたりします。 男性の場合は排尿時に軽い痛みをともないますが、感染に気づかない場合がほとんどです。 軟膏の塗布や内服薬によって治療します。

カンジダ

感染してから症状が出るまで何年にも及ぶことがあります。カンジダは、体内にも存在するカンジダという真菌によって発症します。
他の性感染症とは異なり、ストレスなどの体調の変化によって自然発症することがある病気です。 カンジダは女性の方が発症する確率が高く、外陰部が赤く腫れ、かゆみなどの症状が出ます。定期的な腟洗浄や軟膏の塗布によって治療します。

HTLV-1

感染してから症状が出るまで数十年。成人T細胞白血病の原因となるウイルスです。性行為による感染や母乳を介しての感染が多く見られます。
HTLV-1は感染しても、多くの場合、健康保菌者(キャリアー)になるだけで、発病することはありません。 しかし、一部の方は発病し、半年から2年ほどで死に至ります。

婦人科で取り扱う病気



外来診察担当表

婦人科

 
午前
9:30~11:00
午後
15:00~17:00
小川 晴幾
小川 晴幾
小川 晴幾
小川 晴幾
小川 晴幾
小川 晴幾
小川 晴幾
小川 晴幾

スタッフ紹介

副院長
小川晴幾
おがわ はるき

私は、婦人科腫瘍を専門としておりますが、産科や骨盤臓器脱なども診療して参りましたので、 広い範囲にわたって婦人科疾患を経験しております。気軽に私の外来を受診してみてください。
婦人科では、子供から老人までのすべての女性のデリケートな内容を扱いますので、そのことに配慮しながら診察を行います。