リハビリテーション科

外来・診療のご案内 menu
HITO病院 menu close
  • 看護部
  • 採用情報
  • mail
  • map
  • facebook
  • twitter

x 閉じる

リハビリテーション科

リハビリテーション科では、手足に障害がある患者さんや身の回りの動作が自立していない患者さんに対して、治療的訓練を実施しています。
具体的には、脳出血や脳梗塞により麻痺を呈した方や、骨折、肩関節周囲炎(五十肩)、慢性的な腰・膝の痛みなど整形の運動機能障害で悩んでいる方が対象になります。
当院は回復期リハビリテーション病棟を有し、専門療法士(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)による専門的かつ質の高いリハビリテーションを提供し、患者さまの早期の社会復帰を支援いたします。
身体のことで困ったことがあれば、お気軽にリハビリテーション診療科までご相談ください。

リハビリテーション科の基本方針

「急性期から在宅まで」を基本方針に、連携の取れた密なチーム医療を基盤とした、
一貫した包括的リハビリテーションを提供します。



         
  • 常に高水準の専門的知識と技術の習得に努め、これを実践に生かします
  •      
  • 患者さまの立場に立ったリハビリテーションの提供を行います
  •      
  • 治療・訓練における安全管理に配慮し、改善対策を行います
  •      
  • リハビリテーションチームの一員として、他の医療従事者と協力し責任を果たします

関係する症状

口腔ケアは、なぜ大切なのでしょうか?それは次のようなことのために大切だと考えられています。

    
         
  • 運動麻痺・能力低下
    手足の動きが悪い、手足の力が弱くなる、手足の筋肉が痩せてくる、などの症状が現れます。
  •      
  • 感覚障害
    手足の感覚(痛み、触覚、温度、など)が分からなくなる、手足がビリビリとしびれる、などの症状が現われます。
  •      
  • 失調症
    歩行や立位の動作にてバランスが取れずにふらふらすることをいいます。
  •      
  • 不随意運動
    自分の意志とは無関係に、手足が勝手に動いてしまうことです。
  •      
  • 失語症
    ことばが話せなくなった、単語がすらすら出てこなくなった場合です。
  •      
  • 構音障害
    ことばが滑らかに話せない、聞いていてはっきりしないなどの症状です。
  •      
  • 高次脳機能障害
    新しいことが覚えられない(記銘力障害)、注意を集中して作業できない(注意障害)、物事を企画・立案し計画通りに行う能力が失われた(遂行機能障害)、などの症状が現われます。
  •      
  • 巧緻障害
    手先の細かい動作ができないことです。
  •      
  • 筋緊張亢進(痙縮・固縮)
    筋に力を入れていないときにも、筋が硬く、他人が動かそうとすると硬くて動きにくいことをいいます。
  •      
  • 関節拘縮
    関節が硬くなり、曲げたり伸ばしたりができなくなることをいいます。
  •      
  • 疼痛
    関節や筋肉、腰などが痛いことです。
  •      
  • 歩行障害
    歩くことが不自由となった、歩行速度が遅くなった、長く歩けない、歩くと関節や足が痛いなどの症状です。
  •      
  • 日常生活動作障害
    毎日自分で行う身の回りの動作(食事・更衣・排泄・入浴など)に介護が必要となった場合です。
  •      
  • 切断
    手足の一部が切断された状態です。
  •      
  • 浮腫
    手足にむくみがあることです。
  •      
  • 嚥下障害
    食事が飲み込めなくなった、食事中のむせ症状がひどい、のどにつかえた感じがする、などの症状が現われます。
  •      
  • コミュニケーション障害
    話をする、字を書くなどの手段によって、自分の意志を相手に伝えられなくなった場合をいいます。
  •      
  • 呼吸障害
    酸素吸入を行っているが、あまり歩けなくなった場合です。
  •     

細菌の塊である歯垢は、むし歯や歯周病の直接的な危険因子であると同時に、全身疾患を引き起こす菌の温床としての役割を果たす可能性が高いのです。口の中の細菌が関与すると考えられる代表的な全身疾患としては、

     
         
  • 感染性心内膜炎、敗血症
  • 虚血性心疾患
  • 誤嚥性肺炎

などがあります。
高齢者は、健康な人にとっては病原体とはいえないような細菌によって、日和見感染症(ひよりみかんせんしょう:抵抗力が弱かったため、 普通は病原性を示さない菌による感染症)、感染性心内膜炎や誤嚥性肺炎に陥ることがありますが、口腔ケアを行えばこれらの疾患を予防できることが分かってきました。
つまり口腔ケアは、単に歯や歯ぐきのためだけではなく、生活援助に加えて全身疾患の予防など、生命の維持・増進に直結したケアでもあります。

治療している主な症状

脳卒中(脳梗塞・脳出血)

突然に右または左の手足が動かなくなり(片麻痺)、時に意識を失ったり、会話ができなくなったりします。救急治療が必要ですが、後遺症に対してはリハビリテーションが必要となります。


外傷性脳損傷(脳挫傷・クモ膜下出血・びまん性軸索損傷)

交通事故などで頭部を強打し、意識障害で救急入院した場合、手足の麻痺や言語障害を生じます。手足の機能が回復してからも、高次脳機能障害が残る場合も少なくはありません。


脊髄損傷

事故によって脊椎を強打・骨折し、中にある脊髄を痛めた状態です。頸髄の障害では両方の手足、胸髄・腰髄の障害では両方の足が麻痺を生じます。排尿や排便もできなくなり、完全麻痺では車椅子生活となります。


骨折・関節外傷後

高齢者の転倒によって、大腿骨の根元が折れる(大腿骨頸部骨折)ことは少なくはありません。手足の骨折や関節の外傷に対してギプスを巻いたり、手術によって固定したりする場合には、その後に関節拘縮や筋力低下が生じます。それを改善するためや歩行の再獲得を目指してリハビリテーションが必要となります。


変形性関節症(股関節・膝関節)

股関節や膝関節に変形を生じ、痛みを感じる疾患で、主に人工関節置換術が行われます。術後に関節拘縮や筋力低下、歩行障害を改善するために、機能訓練が必要となります。


四肢の切断

外傷や動脈が詰まる病気によって、手足が切断された状態です。上肢の切断には義手、下肢の切断には義足を作り、訓練によって社会復帰を目指します。


パーキンソン病

筋緊張の異常、手足の震え、動作緩慢、姿勢の異常などが徐々に進行し、歩行の際に歩幅が小さくなったり、突進したりするのが特徴です。薬物治療に反応するが、同時に筋力訓練や歩行訓練が必要となります。


慢性閉塞性肺疾患

息切れや呼吸困難によって酸素吸入が必要な方、時々気管支炎を併発して痰を出しにくい方についても、機能訓練を行います。


誤嚥性肺炎

食べ物や汚い唾液が気管の中に入って、肺炎を生じる場合で、高齢者では摂食や飲み込みの障害(嚥下障害)が生じやすいです。肺炎後の体力の向上と嚥下障害の改善を目指してリハビリテーションが重要です。


スタッフ紹介

整形外科 医長
リハビリテーション科 医長
福田高彦
ふくだ たかひこ
病院長
福田高彦
ふくだ たかひこ
卒業年次
平成16年卒
専門分野
外傷
学会認定・所属学会
日本整形外科学会専門医
中国・四国整形外科学会
日本骨折治療学会
中部日本整形外科災害外科学会
閉じる
整形外科 医師
岩瀬美保
いわせ みほ
非常勤
整形外科 医師
岩瀬美保
いわせ みほ
卒業年次
平成4年卒
専門分野
関節外科、リハビリテーション
学会認定・所属学会
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会
日本人工関節学会
閉じる