骨粗鬆症専門外来

外来・診療のご案内 menu
HITO病院 menu close
  • 看護部
  • 採用情報
  • mail
  • map
  • facebook
  • twitter

x 閉じる

骨粗鬆症専門外来

骨粗鬆症は進行すると背が低くなる、背中・腰が曲がる、ささいなことで骨折しやすくなります。少しでも不安のある方は一度受診されることをおすすめいたします。

どんな病気?

骨の強度が低下して、骨折するリスクが大きくなる病気を骨粗鬆症(こつそしょうしょう)といいます。
骨粗鬆症になると、骨の中がスカスカになってもろくなり、ちょっとしたことで骨折しやすくなります。

骨粗鬆症の治療

骨粗鬆症治療の目的は、骨密度の低下を抑え、骨折を防ぐことにあります。治療の中心は薬物治療になりますが、骨粗しょう症の発病には、食事や運動などの長年の習慣も深く関わっています。そのため、薬物治療とともに食事療法や運動療法も並行して行い、骨強度を高めていくことが重要です。

骨粗鬆症専門外来

 
午後
14:00~16:00
間島 直彦
(第1)

骨粗鬆症専門外来は予約制です。
ご予約・お問い合わせは「サポートセンター」へ

お電話での
お問い合わせ
0896-29-5320
FAXでの
お問い合わせ
0896-58-5350

スタッフ紹介

整形外科 部長
間島直彦
ましま なおひこ
整形外科 部長
愛媛大学大学院医学系研究科 地域医療再生学講座
地域サテライトセンター 教授
間島直彦
ましま なおひこ
卒業年次
昭和62年卒
専門分野
関節外科、人工関節、スポーツ整形、四肢・関節外傷学、骨関節感染症、四肢の変形矯正・延長
学会認定・所属学会
日本整形外科学会認定医
日本骨粗鬆症学会認定医
日本体育協会公認スポーツドクター
閉じる