緩和ケア内科

外来・診療のご案内 menu
HITO病院 menu close
  • 看護部
  • 採用情報
  • mail
  • map
  • facebook
  • twitter

x 閉じる

緩和ケア内科



緩和ケア内科では、がんに伴う心身の苦痛を和らげ、充実した時間を過ごしていただけるように支援を行っています。
緩和ケアは、手術・抗がん剤等の治療と平行して行うため、がんと診断された時から始めます。
痛くて眠れない、呼吸が苦しい、副作用がつらい、飲み薬が苦手等、患者さまの様々なご相談をお受けしています。

緩和ケア内科とは

緩和ケアとは、WHOの定義では「生命を脅かす疾患に直面している患者さまとその家族に対して、痛みや身体的問題、心理・社会的問題、スピリチュアルな問題に的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、苦しみを予防し、和らげることでクオリティ・オブ・ライフ(QOL)を改善するアプローチ」です。つまり患者さまが家にいる時と同じようにそのひとらしさを大切にしながら、生活できる場所を提供し、ご家族も含めて様々な面で、チームで支える診療科です。

緩和ケア病棟の理念

1.私達は、生命を脅かす疾患に直面する患者さまとそのご家族に対し、
  人を重視した個別的な医療・看護サービスを提供いたします。
2.心身を悩ます不快な症状が緩和され、患者さま・ご家族のQOL(生活の質)が少しでも改善し、
  その人らしく大切な時間を過ごすことができるように、全人的に関わり、支援いたします。
3.私達は、患者さまとご家族の希望を最優先に考えるとともに、
  安全で安楽な医療・看護サービスが提供できるように努めます。
4.愛する人を失う悲しみや、その他の心身の反応は自然なことと考え、
  ケアを始めたときから死別後まで、ご家族のケアを行います。
5.私達は、緩和ケアチームの一員として役割を果たすために、様々な専門職やボランティアとの連携を図り、
  有機的なチーム作りに努め、互いに協力してケアを提供いたします。

「がん診療チーム」
「精神科医」や「臨床心理士」をはじめとした多職種のがん診療チームがサポートします

2011年に設置された「がん診療チーム」は2015年現在、精神科医師をはじめとする複数科の医師、臨床心理士、看護師(外来、入院、訪問)、 薬剤師、栄養士、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカー、臨床検査技師、診療情報管理士、 医療クラークなどで構成され、緩和ケアチームと共に日々活動を行っています。
週1回開催のキャンサーボード(がん症例検討カンファレンス)で、がん症例の治療方針検討を行い、 手術や化学療法などの積極的治療だけでなく、患者サポート、緩和医療に至るまでの方針を議論しています。
2014年度より、がん治療認定医養成に準じたカリキュラムで勉強会を行い、スタッフのがん医療の知識向上に努め、 がん化学療法の臨床試験に参加できる体制を整備しました。 高度な医療については、愛媛大学医学部附属病院、四国がんセンター、住友別子病院、 三豊総合病院などと連携して実施しますが、当院が地域で提供できる治療、医療サービスを通じて、 切れ目のないがん医療を宇摩圏域で提供するように努めていきます。

緩和ケアへの誤解・偏見

緩和ケアには、現在も大きな誤解と偏見があります。それは、何もせず放置している、敗北の医学である、死ぬために入る場所である、などです。その結果、入院が遅れ、苦しみが長くなり死期が早まることがあります。
決してそうではなく、人生の大切な時を、安楽に、しっかりと生きていただくための場所です。
緩和ケアは「苦痛な症状を軽くする」という医学の原点そのものです。

緩和ケア病棟の対象者

緩和ケア病棟の対象者は、

  • 悪性腫瘍(癌・肉腫・白血病)やHIVの患者で、病気の治療が出来ないか希望しない方
    (海外では神経難病なども対象となる場合があります。)
  • 痛みなどの苦痛症状の治療が必要な方・本人やご家族の方が病状や緩和ケアについて理解した上で入院を希望する方
    ※告知の有無や認知症の有無など、入院条件は各施設により異なります。

緩和ケア病棟での治療

緩和ケア内科での治療は、



  • 症状コントロールとして、医療用麻薬やその他の薬・方法で、痛みや苦しい症状を緩和します。適切な緩和治療によって、QOLを維持した予後が延長することが証明されている治療です。
  • 化学療法や放射線治療などの抗がん剤治療はしません。
  • 経過観察のための検査等は行いません。
  • 心臓マッサージや人工呼吸などの延命治療はしません。



特に癌における疼痛は、食欲やADLの低下、不眠、うつ状態などを引き起こしやすく、手厚いケアが必要となります。 緩和ケア病棟のスタッフ一同も、患者さまに少しでも長く、ゆったりと快適に過ごしていただきたいと考えており、ご家族も含めて精神的なケアも行い、心の安定に少しでもつながるよう努力してまいります。

 

緩和ケア病棟への入院について

緩和ケア病棟への入院の対象は、がん・血液疾患などの悪性疾患の方で、担当の医師より積極的な治療を行っても治癒する段階でなく、がんに伴う身体的・精神的・社会的な苦痛があり、患者さまやご家族が症状緩和のために入院を恵まれている方となります。
基本的には、がんに対しての手術や化学療法などの積極的治療は行いません。 患者さまやご家族のご希望や自己決定を尊重し、充分話し合いながら方針を進めていきます。

また、緩和ケア病棟では、ご家族の面会時間の制限はしておりません。 ご家族同様に可愛がっていらっしゃるペットのお見舞いなどもご相談により可能です。 ※あらかじめ届出を提出していただく必要があります。

パラレルケアとは

近年注目されている新しい考え方で、従来の治癒治療から終末期の段階で緩和ケアに切り替える『ギア・チェンジ』でも、緩やかに緩和ケアに移行する継ぎ目のない『シームレスケア』でもなく、発病時より主治医が変わることなく、がん治療と緩和ケアを並行して受けることができる形態を『パラレルケア』と言います。

外来診察担当表

緩和ケア内科

※印は要予約

午前 佐々木 宏起
※11時~12時
緩和ケア外来については、お問い合わせください。
【本人・ご家族の方】
TEL:0896-29-5320 FAX:0896-58-5350
【他院からのご紹介の方】
TEL:0896-29-5704 FAX:0896-29-5705
午後 佐々木 宏起
※14時~15時

スタッフ紹介

緩和ケア内科 部長
佐々木宏起
ささき ひろき
緩和ケア内科 部長
佐々木宏起
ささき ひろき
卒業年次
昭和55年卒
専門分野
緩和医療
学会認定・所属学会
日本緩和医療学会
閉じる