緩和ケア内科

外来・診療のご案内 menu
HITO病院 menu close
  • 看護部
  • 採用情報
  • mail
  • map
  • facebook
  • twitter

x 閉じる

いきるを支える 緩和ケア



緩和ケアとは、がんによる体や心の痛み、つらさを和らげるためにご利用いただくケアです。
手術・抗がん剤等の治療と並行して行うため、診断された時から始めます。
ご自宅で生活しながらつらいときだけご利用いただくこともできますし、入院中もみなさまの想いに寄り添い、できる限りいつもの生活に近い暮らしができるようサポートいたします。
つらいとき、不安なときは、いつでも何度でも緩和ケアをご利用ください。

緩和ケア病棟の理念

1.私達は、生命を脅かす疾患に直面する患者さまとそのご家族に対し、
  人を重視した個別的な医療・看護サービスを提供いたします。
2.心身を悩ます不快な症状が緩和され、患者さま・ご家族のQOL(生活の質)が少しでも改善し、
  その人らしく大切な時間を過ごすことができるように、全人的に関わり、支援いたします。
3.私達は、患者さまとご家族の希望を最優先に考えるとともに、
  安全で安楽な医療・看護サービスが提供できるように努めます。
4.愛する人を失う悲しみや、その他の心身の反応は自然なことと考え、
  ケアを始めたときからお別れをした後まで、ご家族のケアを行います。
5.私達は、緩和ケアチームの一員として役割を果たすために、様々な専門職やボランティアとの連携を図り、
  有機的なチーム作りに努め、互いに協力してケアを提供いたします。

「がん診療チーム」
精神科医や臨床心理士をはじめとした
多職種のがん診療チームがサポートします

2011年に設置された「がん診療チーム」は2015年現在、精神科医師をはじめとする複数科の医師、臨床心理士、看護師(外来、入院、訪問)、 薬剤師、栄養士、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカー、臨床検査技師、診療情報管理士、 医療クラークなどで構成され、緩和ケアチームと共に日々活動を行っています。
週1回開催のキャンサーボード(がん症例検討カンファレンス)で、がん症例の治療方針検討を行い、 手術や化学療法などの積極的治療だけでなく、患者サポート、緩和医療に至るまでの方針を議論しています。
2014年度より、がん治療認定医養成に準じたカリキュラムで勉強会を行い、スタッフのがん医療の知識向上に努め、 がん化学療法の臨床試験に参加できる体制を整備しました。 高度な医療については、愛媛大学医学部附属病院、四国がんセンター、住友別子病院、 三豊総合病院などと連携して実施しますが、当院が地域で提供できる治療、医療サービスを通じて、 切れ目のないがん医療を宇摩圏域で提供するように努めていきます。

石川ヘルスケアグループ(IHG)および地域との連携

石川ヘルスケアグループ(IHG)とは、社会医療法人石川記念会、医療法人健康会、社会福祉法人愛美会の3つの法人の総称で、医療系事業所2か所、訪問系事業所5か所、通所系事業所7か所、施設系事業所6か所を擁しています。緩和ケア病棟を退院された後も、グループ内で連携しながらサポートできる体制を整えています。
また、地域の医療機関や訪問系事業所、介護保険事業所とも連携しております。かかりつけ医やお知り合いのケアマネージャーがいらっしゃる場合は、遠慮なくスタッフまでお知らせください。

HITO病院の緩和ケア

からだの痛み、食事のこと、こころの悩みやつらさ、家に帰ってからの心配ごと。専門職からなる緩和ケアチームが、多方面からサポートいたします。

体のケア

むくみ、吐き気、痛み、倦怠感などの体のつらさに対しては、医師・看護師・薬剤師が連携して、医療用麻薬やその他の薬・方法で、痛みや苦しい症状を緩和します。適切な緩和治療によって、QOLを維持した予後が延長することが証明されている治療です。些細なことでもご相談ください。

食事・お口のケア

病状や飲み込みの状態に合わせながら、できるだけ食べたいものを食べられるように、担当の管理栄養士がサポートします。
また、歯科衛生士がお口の中を清潔に保ち、おいしく食べれるように口腔ケアも行っていきます。

リハビリ

緩和ケア病棟に入院されている方にも状態に合わせたリハビリテーションを行うことができます。ご本人の要望を尊重しながら、身体的、精神的、社会的にも生活の質を高く保てるよう、在宅復帰を見据えたサポートをいたします。また体を動かすことはリフレッシュにもなります。

心のケア

不安や悲しみなどの心のつらさも大きな負担になります。臨床心理士や医師、看護師がサポートいたしますので、いつでも思いを打ち明けてください。
もちろん、ご本人だけでなくご家族のお話にもしっかりと耳を傾けます。

レスパイト

ご家族が毎日の介護から少し離れてリフレッシュしたいとき、また遠方への外出予定がありご自宅でのお世話ができないときなどに、短期で緩和ケア病棟を利用することを「レスパイト」といいます。
1泊2日の利用も可能ですので、ぜひご利用ください。

想いをかなえるケア

ギターの得意な方には演奏会で腕前を披露していただいたり、水彩画がお好きな方には病棟でミニ個展を開いていただいたりと、これまでと同じように趣味を楽しんでいただくサポートもいたします。
また、おじいちゃんに花嫁姿を見せたいと、緩和ケア病棟で結婚式を行ったご夫婦もおられました。
緩和ケア病棟では、ご本人、ご家族みなさまの思いに寄り添い、叶えるためのお手伝いをできる限りいたします。

在宅復帰へ向けたケア

当院には緩和ケア専任のソーシャルワーカーがおり、自宅に帰りたいという希望があれば、ご相談を賜ります。
地域の医療機関や行政と連携してご自宅で各種ケアやサービスを受けるための環境を整え、「帰りたい」という思いを叶えられるようできる限りサポートいたします。また、グループ内の各種在宅サービスもご利用いただけます。


緩和ケア病棟の基本情報

  • すべてのがん患者さまが対象です。
  • ご本人が告知を受けていなくても利用可能です。
  • がんに対する積極的な治療は行いません。
  • 心臓マッサージや人工呼吸などの延命治療は行いません。
  • 経過観察のための検査等は行いません。
  • 病床数は13床で、全室個室です。
  • 24時間365日、面会・付き添いができます。
  • 無料の家族宿泊室を完備しております。
  • 大切なペットもお見舞いができます。
  • 季節に応じてさまざまなイベントを開催しております。
  • 他院で通院治療中でも利用することができます。

緩和ケア病棟への入院について

緩和ケア病棟では、患者さまやご家族のご希望や自己決定を尊重し、充分話し合いながら方針を進めていきます。
入院までの具体的な流れは、下図をご参照ください。また、病棟見学はいつでもお待ちしております。入院をご検討される際には、あらかじめご連絡いただいた上で、ぜひお越しください。実際に病棟を見ていただき、不安なことや疑問点は何でもご相談ください。

お電話での
お問い合わせ
0896-29-5320

緩和ケア内科診療担当表

緩和ケア内科

※印は要予約

午前 緩和ケア外来については、お問い合わせください。
【本人・ご家族の方】
TEL:0896-29-5320 FAX:0896-58-5350
【他院からのご紹介の方】
TEL:0896-29-5704 FAX:0896-29-5705
午後 大坂 巌
※15時~17時
大坂 巌
※14時~16時
大坂 巌
※14時~16時

スタッフ紹介

緩和ケア内科 統括部長
大坂
おおさか いわお
緩和ケア内科 統括部長
大坂
おおさか いわお
卒業年次
平成7年卒
専門分野
緩和医療
学会認定・所属学会
緩和医療専門医
日本緩和医療学会
日本がんサポーティブケア学会
日本サイコオンコロジー学会
閉じる