x 閉じる

x 閉じる

HITO LIFE働くを支える - 看護師

看護部概要

Nursing department Overview

基本方針

  • 看護師として倫理観を持ち、患者中心の看護を行う
  • 専門職業人として自己研鑽に努め、看護の質の向上に努める
  • 他職種と協働してチーム医療を推進する
  • 組織の一員として病院経営に参画し、地域医療に貢献する
  • 健康管理に努め、社会人としての充実を図る

勤務時間(一部)

  • 日勤:8:30~17:30
  • 遅出:10:00~19:00
  • 夜勤:16:00~翌9:00

勤務体制

  • 2交代制(月3~4回)

病棟における看護方式

  • 多職種協働型セルケア方式(HITO病院オリジナル)

切れ目ないサービスと多様な看護実践フィールド

  • HITO病院
    HCU、SCU、急性期病棟(入院基本料1)、
    地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟、救命救急、
    外来、手術センター、内視鏡センター、健診センター、美容センター など
  • 関連グループ
    クリニック、訪問看護ステーション、
    施設看護(特養、老健、グループホーム、サ高住、デイサービスなど)

看護部長ご挨拶

地域の最先端で
いきいきと輝いて看護しませんか?

 医療が進歩し、今までは困難であった治療が可能となりました。しかし、病気も体も、何もなかった状態にリセットされる訳ではありません。病気や副作用などと共存しながら、生活を送ることも多くなっています。これからは、退院後の生活を見据えた医療・看護の提供や地域との連携がますます必要となります。
 HITO病院は急性期病院として、医療・看護を駆使し「いきるを支える」医療を目指しています。それとともに、患者さんが家や施設へ戻られた後も生活が続けられるような「生活を支える」看護にも取り組んでいます。
 当院で「いきるを支え、生活を支える看護」に共に取り組みませんか。

看護部長 細川 克美

①教育制度・多様なキャリアパス

education system

教育の方針

  • 看護倫理に基づいた行動がとれるような感性を育てる
  • 専門職業人としての倫理観を備え、倫理に基づいた行動ができる職員を育成する
  • 信頼される質の高い看護サービスの提供ができる看護師を育成する
  • 看護師としてのキャリア開発と、社会人としての成長を目指す看護専門職業人を育成する

File 01.キャリアデザイン
看護師として、また、生活者としてのバランスが大切!

「キャリアデザイン」とは,自分の職業人生(看護師として)をプライベート含めて、自分自身でで主体的に構想・設計=デザインすることです。看護師も自己成長と共に、様々な専門コースや病院内外でキャリアを活かせます。自分の経験やスキル、性格、ライフスタイルなどを考慮したうえで,仕事を通じて実現したい将来像やそれに近づくプロセスを明確にしましょう。
内容を開く+


※クリックで大きな画像が開きます。

入職時から計画的に学びを深め、チームのリーダーとしての経験を積み、管理者を目指すコースです。管理者って大変と思いがちですが、当院では、多職種と学び合う機会が多くあり、病棟を看護師と多職種のリーダーと2名体制で管理に携わっています。HITO病院は若いリーダーが前向きに取り組んでいます。「看護師」の視点と「多職種協働」の視点を大切にした成長を目指します。チーム医療の中で24時間365日、常に患者さんに寄り添うリーダーとして成長して下さい。







※クリックで大きな画像が開きます。

人口減少と高齢化社会の中で、病院内だけではなく地域でも活躍できる場が拡大します。入職時から計画的に学び、5年間の臨床経験を積むと、自分の目指す領域の認定看護師・専門看護師のコースやもう少し早い時期から取り組むことができるコースもあります。HITO病院でも様々な領域で活躍している先輩がいます。学会認定の看護師も活躍も活躍していますからチェンジして下さい。







※クリックで大きな画像が開きます。

ジェネラリストコースは、経験を積んだ看護師の総称ではなく、丁寧に確実に知識・技術を習得し、何より大切な「患者に寄り添う姿勢」を磨き、他の看護師のロールモデルとして活躍する看護師を目指します。どこの病棟でも自分の学びが活かせるよう時間を掛け、自己成長に向け取り組みます。







※クリックで大きな画像が開きます。

結婚・育児にエネルギーを注ぐときは、学びの期間にゆとりをもち、子どもの成長に併せ管理者・認定看護師等を目指すタイプです。これからの働き方は60歳が定年という考えはありません。子どもと共に机を並べ、勉強している自分を思い浮かべて下さい。ステキなお母さんだと思います。

  

File 02.教育ラダー
確執に丁寧に学び、自分のペースで階段を!

看護師の臨床実践に必要な能力を段階的に表現したものです。2025年に向けて世界に例のない少子・超高齢・多死社会を迎える日本では、医療提供体制の変化に伴い、暮らしと医療を支える看護提供システムの構築が求められています。個々の看護師が所属する施設の枠にとどまらず、全国レベルで共通して活用するために日本看護協会が開発したクリニカルラダーとの整合性を図り作成しています。

内容を開く+

File 03.卒後教育
iPad一人一台で学びもスマートに!

入職後1年間は、卒後教育期間として知識・技術の習得だけではなく、社会人としての基本姿勢の学びが深められるよう教育内容もバランスよく計画しています。集合教育と分散教育のバランス、自己学習においてはe‐ラーニングやHITO病院オリジナ動画の視聴が、いつでも、どこでもできます。それらの視聴についても時間内にできるようiPadを1人に一台お渡ししています。同時に、様々な悩みを受け止め、丁寧に面接しながら成長のための支援を行います。教育担当専従看護師・教育員会のメンバーはこれからの看護師育成に向け頑張っています。

File 04.ラダー別研修
自分のレベルにあった研修に参加!

2022年度よりクリニカルラダー看護職全員取り組んでいます。その中には、育児で日々忙しい看護師や、認定看護師を目指す看護師、パートの看護師もいます。看護専門職として生涯を通して学び続けることはご存じと思います。e-ラーニングや動画を活用しながら、集合教育と分散教育を組み合わせ企画・運営しています。当院は教育担当専従看護師がDX推進室と連携し、研修受講のデータ管理を行っています。
また、各病棟の学習会にも自由に参加できるので、ラダー研修以外にも学べる環境が整っています。そして、各診療科の先生方は、とても優しく看護師の教育に積極的に関わってくれますし、病院全体の組織風土がwelcomeの姿勢ですから、学ぶ環境は整っています。

看護師 小山
「誰からも選ばれ、信頼される病院」を目指すHITO病院の看護管理者として、「Human.1st.(患者様第一)」でひとに寄り添うとともに、「いきるを支える看護」を目指す看護職員の育成に取り組み、共に働く看護職員が自分のやりたい看護を実現できるよう、支えていくことも大切だと考えます。

熱心に誘ってくださった院長先生を始め、ユニークで熱い先生方、サポートしてくださる看護師や医療クラークの皆さん…。
挙げきれない程たくさんの方々に非常に良くしていただきました。
誰一人として私を「あの研修医の先生」と呼ばない。顔と名前をみんなが覚えてくれ、仲間として私を必要としてくれる。それは大きな病院ではなかなか難しく、しかし実はとても重要な環境だったと実感しています。

「大勢の中の誰か一人でなく、『あなた』に来て欲しい」と、求めてくれる環境で働くことの喜びと、その責任を体験することができ、とても幸せな2年間でした。私がこの先、どこに行き、何をしようと、医療者としてのすべてのルーツがこの四国中央市とHITO病院にあることを、誇らしく思います。

File 05.特定行為研修 開講
看護の専門性を活かし、知識・技術を更に高め「ひとに寄り添う」姿勢で活躍!

特定行為に係わる看護師の研修制度は、保健師助産師看護師法に位置付けられた研修制度です。愛媛県では、愛媛大学医学部附属病院開校に続いての開校となります。医師の手順書により、1年間を掛けて自分の選択した行為について学びを深めます。研修を修了した看護師には、患者さんお状態を見極め、タイムリーな対応をすることができます。院内においては、学び得た知識・技術を活かし看護師に教育指導を行うと共に、地域の訪問看護等で活躍できます。HITO病院は、石川ケアヘルスグループ(愛美会・健康会・HITO病院)の中に、訪問看護ステーションがありますから、そこでの活躍も期待されています。講師の先生方も丁寧に教えて下さいますから、他の施設から来られた研修生と共に成長しましょう。

看護師 小山
「誰からも選ばれ、信頼される病院」を目指すHITO病院の看護管理者として、「Human.1st.(患者様第一)」でひとに寄り添うとともに、「いきるを支える看護」を目指す看護職員の育成に取り組み、共に働く看護職員が自分のやりたい看護を実現できるよう、支えていくことも大切だと考えます。

熱心に誘ってくださった院長先生を始め、ユニークで熱い先生方、サポートしてくださる看護師や医療クラークの皆さん…。
挙げきれない程たくさんの方々に非常に良くしていただきました。
誰一人として私を「あの研修医の先生」と呼ばない。顔と名前をみんなが覚えてくれ、仲間として私を必要としてくれる。それは大きな病院ではなかなか難しく、しかし実はとても重要な環境だったと実感しています。

「大勢の中の誰か一人でなく、『あなた』に来て欲しい」と、求めてくれる環境で働くことの喜びと、その責任を体験することができ、とても幸せな2年間でした。私がこの先、どこに行き、何をしようと、医療者としてのすべてのルーツがこの四国中央市とHITO病院にあることを、誇らしく思います。

充実の実習プログラム

院内教育

  • 集合教育
  • 分散教育(OJT)
  • クリニカルラダー
  • 看護研究
  • 管理研究

院外教育

  • 愛媛県看護協会研修
  • 専門職研究(日本看護協会)
  • 愛媛県の研修
  • 愛媛大学附属病院研修
  • 学会・研究発表
看護技術研修
学会発表
看護管理研修

多職種協働型
セルケア方式

work environment and work-life Balance

③ICT×看護

1人1台の業務用iPhone

当院では1人1台のiPhoneを利用し、効率的な看護業務を遂行し、少しでも多くの時間をベッドサイドで看護が実践できる事を目指しています。今や日常生活に欠かすことのできないスマートフォン。仕事(看護)においても今ではなくてはならない相棒で、多くの効率化などを実現しています。

SNSによる情報共有

  • 1対多の情報共有が可能(1対1の電話が激変)
  • 写真や動画も撮影ができる(文字だけでなく視覚での情報伝達が可能に)
  • 場所に縛られない働き方の実現

など、SNSによる情報共有で、業務効率がアップ!

以前まで、医師への業務確認はPHSを使用し、電話で連絡を取っていましたが、手術など業務状況によって連絡が取れないこともありました。しかし、業務用SNSを活用することで、相手の時間を奪わず、情報を確実に伝えることができるようになり、業務の効率化にも繋がっています。

iPhoneは
電子カルテにも連動!

従来は、患者さんの看護記録はナースステーションに戻って行っていましたが、現在は支給されているiPhoneで電子カルテを閲覧・編集することができるため、いつでもどこでも患者さんの情報を確認することができます。これにより、看護師の移動距離がiPhone導入前と比べ約5㎞減少しており、その分患者さんのケアに時間を費やすことができるようになりました。

更に、より短時間で情報が入力できるよう
①iPhoneカメラと電子カルテの連動
②複数のテンプレート文章が登録されている「ワードパレット」
③医療用語も高精度で変換できる音声入力「AmiVoice」
などを導入しています。他にも注射・点滴時の安全確認にiPhoneを活用するなど、より効率的に、かつ安全に医療行為が行える体制を整えています。

各ナースステーションには
大型モニター!?

各病棟には大型モニターが設置されており、多職種でのカンファレンスや情報共有でも活用されています。iPhoneの画面も共有できるため、電子カルテだけでなく、患者さんのリハビリ状況や動作確認を撮影した写真や動画も簡単に共有することができます。

職場環境・
ワークライフバランス

work environment and work-life Balance
借上げ社宅
一般のアパート・マンションを当院にて借上げて、本人家賃負担18,000円/月で提供。
充実した休暇制度
毎年3日間連続指定休暇、記念日などに2日指定休暇等の制度あり。育児休暇、子の看護休暇等も取得可能。
11階レストラン
病院の最上階に眺望の良い職員食堂あり。ランチは職員割引で410円。
附属保育所「HITO KIDS」
24h保育対応が可能。子育ての支援の環境づくりに積極的に取り組んでいます。
職員対象の各種検診サポート
子宮がん健診…無料
乳がんエコー検診…半額
サークル活動
サークル活動を行っており、好きなことで集える仲間ができます。