婦人科

外来・診療のご案内 menu
HITO病院 menu close
  • 看護部
  • 採用情報
  • mail
  • map
  • facebook
  • twitter

x 閉じる

婦人科



婦人科を受診することは多分皆様にとって、不安や羞恥心から、他科を受診する場合以上に悩まれていることと思います。
少量の出血が続いているがそのうち自然に止まるかもしれないと様子を見ていたところ、数カ月後に進行した子宮がんが見つかった等といったことは少なからず経験して参りました。
HITO病院婦人科は、“四国中央市の女性のかかりつけ医”を目指し、がんを含めた婦人科腫瘍の検診や治療、骨盤臓器脱、尿失禁、ホルモン異常など、他人には話しづらい女性の悩みや、 あるいは病気とは思わないけれど、気に係る体の不具合も患者さまに寄り添いながら診療を進めてまいります。

   

婦人科で扱う内容



婦人科の病気は妊娠・出産を行う子宮など女性特有の臓器(図1)や女性ホルモンなどの変調から生まれます(図2)。
図2にはライフサイクルにおける女性ホルモンの増減とその変調から起こる病気の概要が書かれていますが、 生活習慣病や尿漏れ、骨粗鬆症、うつなどといった、一見すると内科、泌尿器科、整形外科、精神科などで扱うと考えられる病気も、 実際にはホルモン療法や手術療法など婦人科で(あるいは他科と一緒に)治療している場合もありますので、 女性の体を全体として診ていく科が産婦人科であると思ってください。




婦人科医は骨盤内臓器におこる炎症や腫瘍、がんなどの病気のみでなく、 例えば子宮、膀胱、直腸などが本来の位置から下がって膣から飛び出し股間部に挟まれる骨盤臓器脱 や尿失禁など生活の質を落とすような病気なども扱います。
これらは治療で治る場合も多いので、ひとときの恥ずかしさもありますが、今後の一生を思って受診をお勧めします。

外来診察担当表

婦人科

 
午前
9:30~11:00
午後
15:00~17:00
小川 晴幾
小川 晴幾
小川 晴幾
小川 晴幾
小川 晴幾
小川 晴幾
小川 晴幾
小川 晴幾
(第1・3)

スタッフ紹介

副院長
小川晴幾
おがわ はるき

私は、婦人科腫瘍を専門としておりますが、産科や骨盤臓器脱なども診療して参りましたので、 広い範囲にわたって婦人科疾患を経験しております。気軽に私の外来を受診してみてください。
婦人科では、子供から老人までのすべての女性のデリケートな内容を扱いますので、そのことに配慮しながら診察を行います。