手術をせずに痛みを取る「再生医療」

外来・診療のご案内 | オンライン診療 menu
HITO病院 menu close
  • 看護部
  • 採用情報
  • mail
  • map
  • facebook
  • twitter

x 閉じる

再生医療ってご存じですか?


 変形性膝関節症は関節の軟骨が損傷することで膝に痛みを生じる病気です。一般的に、症状が軽い時は運動・食事・鎮痛剤投与などで症状を緩和し、重度になってくると手術を行いますが、「人工関節手術をするほど軟骨は減っていないけれど、緩和治療では痛みが取れなくなってきた」という患者さんに対する有効な治療法として、今「再生医療(APS療法)」が注目されています。


 欧州で実施された多施設共同ランダム化比較試験では、WOMAC(変形性関節症患者の状態を把握するために用いるアンケート)の中の痛みの指数について、生理食塩水注射後では時間経過とともに痛みがぶり返しているのに対し、APS注射後では効果の持続時間が長い結果となっています。

APSを1回注射したときの効果の持続時間
 個人差はありますが、注射後1~3週間で効果が現れ始め、1度の注射で約6~12か月持続します。



治療の流れ―少ない負担で、日帰りで治療ができます。





再生医療(APS療法)のメリット・デメリット

 再生医療は、欧州ではすでに治療法として承認されており、アメリカでも大規模な治験が実施されています。日本も保険認可に向けた検証が進められていますが、現在は医療保険の適用外となるため、自由診療で行うこととなります。医師から十分に説明を受け、納得の上で治療を受けるようにしてください。

再生医療(APS療法)のメリット
  • 膝の痛みが緩和される。
  • 自分の血液から抽出した成分を使用するため、アレルギーや副作用が起こりにくい。
  • 日帰りで治療でき、治療後すぐに帰宅できる。
  • 手術は必要なく注射のみで実施できるため体への負担が少なく、治療痕も残りにくい。
  • 何度でも、どのタイミングでも受けることができる。
  • 運動器の大半に対応できる。
再生医療(APS療法)のデメリット
  • 変形性関節症の進行を遅らせ、痛みを緩和することはできるが、病気そのものを根本から治す治療ではない。
  • 人によっては施術から数日間、痛みや腫れ、こわばりなどが起こることがある。(アイシングで抑えます)
  • 投与した個所や採血部に感染症が起こる可能性がある。
  • 保険適用でないため治療費が高額となる。(混合診療不可)



よくあるご質問

Q.ASP療法で膝関節症は治りますか?
 APS療法は関節の痛みや炎症を改善することを目的とした治療です。膝関節症そのものを治すことはできませんが、炎症を抑えることで膝関節の環境や軟骨破壊の悪化を防ぐことができます。

Q.APS療法による痛みの改善効果はどのくらい続きますか?
 人や症状によって変わりますが、海外の治療報告ではAPSを1回注入後、約12か月間続くことが報告されています。

Q.APS療法は安全ですか?どのように行いますか?
 APS療法はご自身の血液を利用しているため、アレルギーは起こりにくい治療です。また、膝の切開等の手術は必要なく注射だけで終わるので、体への負担が少ない治療法です。

Q.治療後は通常通りに活動してよいでしょうか?
 治療後14日間は活動レベルを最小限に、治療前より活発にしないことが推奨されます。負荷のかかるリハビなども、2週間後から再開できます。

Q.高齢ですが治療を受けられますか?
 受けられます。体に負担の少ない治療なので、高齢でも治療を受けることができます。
ただし膝関節の破壊が進んでいる重度の方は年齢に関わりなく手術が適している場合もあるので、医師とよく相談することが大切です。

Q.なぜ自由診療なのですか?
 APS療法は現在、米国で膝関節症の患者さんを対象として、有効性を確認する大規模な治験が始まっています。日本でも保険認可に向け検証が進められていますが、現在は健康保険が使用できず自由診療となります。
 しかし、今現在つらい痛みを抱えて何とかしたいと考えている患者さんに、治療の選択肢を提供するために、当院ではこの治療を行っています。




治療にかかる費用

 APS療法 1回 ¥330,000円(税抜)



お問い合わせ

 再生医療を受けたい方はまず当院の整形外科を受診し、医師に相談してください。当院の外来は完全予約制となっておりますので、まずはお電話にてお問合せをお願いいたします。


HITO病院HMSC(サポートセンター)
【対応可能時間:平日/8:30~17:00 第1・3・5土曜日/8:30~12:00】
※第2・4土曜日、日曜日、祝日は休診

電話番号
0896-29-5320
   



スタッフ紹介

整形外科 部長
間島直彦
ましま なおひこ
整形外科 部長
愛媛大学大学院医学系研究科 地域医療再生学講座
地域サテライトセンター 教授
間島直彦
ましま なおひこ
卒業年次
昭和62年卒
専門分野
関節外科、人工関節、スポーツ整形、四肢・関節外傷学、骨関節感染症、四肢の変形矯正・延長
学会認定・所属学会
日本整形外科学会専門医
日本骨粗鬆症学会認定医
日本体育協会公認スポーツドクター
閉じる
整形外科 医長
リハビリテーション科 医長
福田高彦
ふくだ たかひこ
整形外科 医長
リハビリテーション科 医長
福田高彦
ふくだ たかひこ
卒業年次
平成16年卒
専門分野
外傷
学会認定・所属学会
日本整形外科学会専門医
中国・四国整形外科学会
日本骨折治療学会
中部日本整形外科災害外科学会
閉じる
整形外科 医師
永原寛之
ながはら ひろゆき
整形外科 医師
永原寛之
ながはら ひろゆき
卒業年次
平成27年卒
専門分野
整形外科
学会認定・所属学会
日本整形外科学会
中国四国整形外科学会
閉じる