心臓リハビリテーション

外来・診療のご案内 menu
HITO病院 menu close
  • 看護部
  • 採用情報
  • mail
  • map
  • facebook
  • twitter

x 閉じる

心臓リハビリテーション

心不全や心筋梗塞、心臓手術後は心臓の働きが低下していることがあります。また、入院後に要した安静によって筋力や運動能力、バランスを調整する働きも低下することもあります。
「心臓リハビリテーション」は、その低下した身体機能を回復し、社会や職場への復帰を目指すとともに、再発予防のための生活指導や運動指導、危機管理、心のケアなど、快適で質の高い生活を取り戻すための総合プログラムになります。

効果

①運動能力が改善し、楽に動けるようになります
②心臓への負担が軽くなり、自覚症状が軽くなります
③楽に動けるようになることで自信が付き、不安や抑うつ気分が改善します
④糖尿病、高血圧症、肥満などの再発危険因子が改善します
⑤心筋梗塞や心不全などの心臓病の再発が予防でき、死亡率が減少します

進め方

医師を中心に多職種で協議し、理学療法士が中心となってリハビリを開始します。






  • 起きる、座る、立つなど基本的な動作
  • リハビリ室での運動療法:理学療法士の監視下で低負荷の筋力トレーニングや機器を用いた有酸素運動を行い、運動耐容能の改善を図ります。
  • 自宅環境を聴取し、生活に即したリハビリ:日常生活の中にはお風呂や階段の上り下りなどの運動負荷の高い動作があります。心臓リハビリでは、各個人に合わせた日常生活に必要な動作訓練や指導を行います 。
  • 必要に応じた家屋調査や外出・外泊訓練
  • 退院時の再発予防についての指導:退院後も継続した運動ができるように、運動内容の注意点を指導します。また、不安なことや疑問点についても分かりやすく説明し、再発予防に努めます。



実際

心臓リハビリテーションを行う際に「どの程度の運動、どのような運動をしても良いか」が問題となってきます。重い物を持つ動作や息をこえながら行う激しい運動は心臓に負担をかけ過ぎてしまうため、リハビリテーションとしては良くありません。散歩や体操などの軽めの運動から始め、血圧や自覚症状に合わせて段階的に運動の強さを上げていくことが勧められます。
運動の強さの目安としては自覚症状に合わせて評価する自覚的運動強度(ボルグスケール)などを用いて決めます。「楽である」~「ややきつい」(ボルグスケール11~13)程度に感じる運動を血圧や脈拍を診ながら実施します。



適切な心臓リハビリテーションとは




1) 安全に:
無理をせず、疲れや違和感を感じた場合は少し休みましょう。
2) 正しい方法で:
適切な運動の強さや時間を守って行いましょう。運動が弱すぎると効果が期待できず、強すぎると病状を悪化させてしまいます。
3) 食事療法や薬剤管理と合わせて:
運動療法は大切ですが、食事療法や薬物療法を合わせて行うことで充分な効果が得られます。運動療法だけでも、運動療法が欠けても、充分な効果は期待できません。
4) 継続する:
運動療法は継続することで充分な効果が得られます。無理をせず、長く続けられるように習慣付けていきましょう。



   

外来診察担当表

循環器内科

午前 伊藤 彰 伊藤 彰 伊藤 彰 ロバート 伊藤 彰 ロバート
午後 急患のみ ペースメーカー(第1週) 睡眠時無呼吸 急患のみ 急患のみ 休診

スタッフ紹介

副院長
循環器内科 部長
伊藤
いとう あきら
副院長
循環器内科 部長
伊藤
いとう あきら
卒業年次
昭和59年卒
専門分野
循環器内科全般
冠動脈インターベンション
下肢動脈・末梢動脈インターベンション
学会認定・所属学会
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管カテーテル治療学会専門医・日本心血管内視鏡学会専門医
日本内科学会・日本循環器学会
日本心血管カテーテル治療学会
日本心臓病学会・日本不整脈学会
日本冠疾患学会・日本心血管内視鏡学会・日本集中治療医学会
閉じる
循環器内科
RobertZheng
ロバート ゼング
循環器内科
RobertZheng
ロバート ゼング
卒業年次
平成28年度
専門分野
循環器内科一般
学会認定・所属学会
日本循環器学会
日本内科学会
日本心エコー図学会
日本超音波学会
閉じる