補聴器専門外来

外来・診療のご案内 menu
HITO病院 menu close
  • 看護部
  • 採用情報
  • mail
  • map
  • facebook
  • twitter

x 閉じる

補聴器専門外来

当院では「聴こえ」に問題を抱えている方を対象として、補聴器専門外来を開設しました。
診療時間は金曜日の14時~17時の完全予約制で、サポートセンターにて予約を承っています。

補聴器専門外来では、補聴器の説明から始まり、適合検査、さらに実物の貸し出しを行います。 これらはすべて医療保険の対象となる保険診療です。最終的に購入を希望される方には、専門資格がある業者による販売も行います。補聴器を必要とされるみなさんが、うまく補聴器に順応するとは限りません。貸し出しもしますので、試聴していただき、問題点や使用感を確認させていただきます。

また、新規に補聴器を購入される方だけではなく、すでに補聴器を購入していても、うまく使えない方への補聴器相談も行います。 当院の補聴器専門外来は、補聴器を購入するための外来ではなく、補聴器を適正に使用していただくための専門外来です。 補聴器が必要かどうか迷われている方も、どうぞお気軽にご相談ください。

どんな人が受診するの?

「テレビの音が大きいといわれる」「人と会話をするのが億劫」「集団での会話に加わりにくい」といった方には補聴器をお勧めします。
近年の疫学研究では、難聴によるコミュニケーション能力の低下は認知症や社会活動性の低下へとつながることが分かってきました。補聴器によって得られる「きこえ」の改善は、その人の人生にとっても大きなプラスになることもあります。
お試し期間もありますのでお気軽に相談ください。

「病院」だから出来ること

補聴器を扱う上で最も大事なのは「本当に補聴器が妥当なのか」を判断することです。難聴の原因は様々です。中には聞こえだけの問題ではなく、命を脅かしかねない病気が隠れていることもありますし、
耳の病気の中には手術や薬で治るものもあります。医療従事者が補聴器調整に関わることで、その人のきこえの状況を正確に評価できるだけでなく、治療の幅も広がります。
また、当院で調整を手伝ってもらっている補聴器店のスタッフは、全員「認定補聴器技能者」の資格を取得していますので、より専門的な調整が可能です。

意外と知らない補聴器のあれこれ

インターネットなどで販売している「補聴器のような」ものは集音器と呼ばれ、補聴器とは別物です。集音器が単に音を増幅するだけであるのに対し、補聴器は必要な音だけを聞こえやすくするように様々な機能が付いています。
高度難聴の方は身体障害者手帳を利用することで、補聴器購入の助成が受けられることがあります。詳しくは、耳鼻咽喉科までご相談ください。

補聴器専門外来

 
14:00~17:00
高木 大樹

補聴器専門外来は予約制です。
ご予約・お問い合わせは「サポートセンター」へ

お電話での
お問い合わせ
0896-29-5320
FAXでの
お問い合わせ
0896-58-5350

スタッフ紹介

耳鼻咽喉科 医長
高木大樹
たかぎ だいき
耳鼻咽喉科 医長
高木大樹
たかぎ だいき
卒業年次
平成16年卒
専門分野
耳科学、鼻科学
学会認定・所属学会
日本耳鼻咽喉科学会専門医
補聴器相談医
閉じる