ホクロ・イボ

診療内容 menu
HITO病院 menu close
  • 看護部
  • 採用情報
  • mail
  • map
  • facebook
  • twitter

x 閉じる

ホクロ

ホクロについて

ホクロとはホクロ細胞(母斑細胞)が局所的に多く集まったもので、良性腫瘍の一種です。
ホクロ細胞自体は生まれた時から皮膚の中に存在しており、普通は小さかったり、色が付いていなかったりして、見えないことが多いです。日焼けやニキビなどの何らかの刺激によって、メラニン(シミやホクロの色の原因となる色素)を作るようになると、見えるようになります。
またホクロ細胞の数が増えることがあり、皮膚から盛り上がったホクロになることもあります。


ホクロ治療の種類

◆炭酸ガスレーザー(クリックでページ下部へ移動します。)
◆手術 ※手術をご希望の場合は当院形成外科を受診ください。


イボ

イボについて

正式名称は脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)または、別名老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)と呼ばれます。
顔や手の甲など、日光によく当たる部分に出来ることが多いです。大きさは数ミリから2~3cmくらいで、わずかに盛り上がるものから、突出したシコリになるものまで様々です。シミと混在していることがあります。


イボ治療の種類

◆炭酸ガスレーザー(クリックでページ下部へ移動します。)
◆手術 ※手術をご希望の場合は当院形成外科を受診ください。


◆炭酸ガスレーザー

  • 当院では、主に炭酸ガスレーザーを使用して、イボ・ホクロ治療を行っています。
    当院で使用しているレーザーは、ホクロやイボなどの盛り上がった病変の治療に効果を発揮するレーザーです。

    炭酸ガスレーザーは水に吸収されやすい特徴があります。皮膚には水分が含まれているため、皮膚に照射するとその部分を蒸散させる(削る)ことができます。

炭酸ガスレーザー治療

    class=


炭酸ガスレーザー治療の流れ

当院では、主に炭酸ガスレーザーを使用してイボ・ホクロ治療を行います。初回は基本的に3回の来院が必須です。

【来院1回目 診察】
◆イボ・ホクロの状態を診察し、レーザー治療が最適か判断します。
◆レーザー治療が決定したら、麻酔のテープをお渡しします。

【来院2回目 レーザー照射当日】
◆2時間前に麻酔のテープを貼っていただき、ご来院ください。
◆レーザー照射時には、輪ゴムでパチンと弾いた時のような痛みがあります。
◆痛みが強い場合は、別途料金がかかりますが、麻酔注射を使用することも可能です。

【施術後の処置】
◆レーザー治療後は3週間ほど、軟膏処置が必要になります。
◆治療した部位はガーゼで保護していただきます。


【来院3回目 レーザー照射後の診察】
◆初回のみ3週間後に診察が必要です。
◆レーザー後の皮膚の状態を見せていただきます。 ※別途診察費用1,500円(税抜き)が必要です。


リスク・副作用について

  • 深いヤケド(潰瘍)になることがあります。その場合、目立つキズになってしまうことがあります。

  • 体質的にキズが盛り上がってしまう(ケロイド、肥厚性瘢痕)場合があります。




再発について

  • レーザーでホクロを治療した場合、1回では取りきれないことや、再発することがあり、追加の照射を行うことがあります。料金はその都度必要になります。

  • 追加照射をする場合は、最低3カ月は空け、ある程度赤みが落ち着いてから行います。

  • 再発を繰り返す場合は、手術による切除をお勧めすることがあります。




施術料金

当院では、炭酸ガスレーザーを使用してイボ・ホクロ治療を行います。初回は基本的に3回の来院が必須です。

☆料金はすべて税抜き表示です。

ホクロ除去料金
1個¥5,000

※術後の処置が必要な軟膏、ガーゼ、茶色のテープも含まれます。
※局所麻酔が必要な方は別途1,000円(5cc)

☆料金はすべて税抜き表示です。

イボ除去料金
1平方センチまで¥10,000
2平方センチまで¥20,000
3平方センチまで¥30,000
3平方センチ以上は1平方センチ毎¥5,000

※局所麻酔が必要な方は別途1,000円(5cc)