ヒアルロン酸

診療内容 menu
HITO病院 menu close
  • 看護部
  • 採用情報
  • mail
  • map
  • facebook
  • twitter

x 閉じる

ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸とは、水を非常に多く保持する機能がある高分子のことで、皮膚においては肌のハリや潤いを保つ大切な役割を持っています。ヒアルロン酸治療は、しわ、ゴルゴ線のお悩みはもちろん、お顔のリフトアップ、鼻を高くしたい方、輪郭・顎をシャープにしたい方、唇のボリュームアップ、涙袋をお望みの方等に適した治療法です。

 class=

治療方法について

細い針でしわや溝のある皮膚の下に、ヒアルロン酸を注入します。注射を用いて注入するため、手術を行う必要がなく、短時間での施術が可能です。部位によって方法や所要時間は異なりますが、注入自体は1か所につき5~10分前後で終わります。
注入前に麻酔をすることによって、痛みや不快感を和らげることができます。


治療の流れ

1.診察
医師から治療についての説明があります。
(治療決定後に痛み止めテープをお渡しします。施術当日、2時間前に貼り、貼ったままお越しください。)

2.施術当日
施術当日は写真撮影、再度診察を行い、その後注入します。
(施術当日から洗顔やシャワーは当日から可能です。メイクは翌日から可能です。)

3.施術後診察
施術から1ヵ月後に受診していただきます。(初回のみ)
再診料1,500円(税抜き)発生致します。


治療前に気を付けていただきたいこと

ヒアルロン酸を含む化粧品などで、お肌のトラブルを起こしたことがある方は、医師にお申し出下さい。


治療後に気を付けていただきたいこと

  • 治療後は、注射した部分をマッサージしないようにして下さい。

  • ヒアルロン酸注入材は、適切な量を注入しても2~3日はふくらみ気味になることがありますが、1週間程度で自然な仕上がりに落ち着きます。

  • 治療から約1ヶ月後に治療効果のチェックを受けて下さい。

  • 注入部位に、しこり、赤み、腫れ、痛み、あざ(内出血)、変色、かゆみなどの症状が一時的に表れることがありますが、皮膚注入材では一般的なもので、通常は注入後1週間程度で消えます。

  • 何らかの異常が現れた場合には、直ちに病院へご連絡下さい。




リスク・合併症など

ヒアルロン酸注入によって起こる合併症には、アレルギー、感染、動脈塞栓があります。主症状として発熱、疼痛、熱感が見られ、これらの症状が現れた場合、医師の方針に基づき、治療・症状の緩和に努めてまいります。
注入部位周囲の動脈内に注入剤が逆行性に注入されることによって起こる動脈塞栓症は、特徴的な症状(冷感、疼痛、皮膚蒼白、紫斑)を生じます。さらに、中枢の動脈の塞栓を生じた場合は、視野欠損や失明を引き起こすことが報告されています。
動脈塞栓症が疑われる際には、症状は急速に悪化する為、緊急な処置が必要となります。当院では、緊急時、溶解剤(ヒアルロニダーゼ)を準備しており、緊急事態時にも対応が可能です。

ご希望通りの結果が得られなかった場合でも、治療の返還はいたしません。当院で施術された場合のみ修正を行っております。(別途料金が発生致します)また、副作用により治療が必要になった場合、その治療に要した費用も自費となります。


料金表

☆料金はすべて税抜き表示です。

 料金
   1本(1cc)¥38,000
   3本¥100,000
   ヒアルロン酸修正¥10,000
※他院で施術された場合は、原則行っておりません。