静脈血栓塞栓症

外来・診療のご案内 menu
HITO病院 menu close
  • 看護部
  • 採用情報
  • mail
  • map
  • facebook
  • twitter

x 閉じる

静脈血栓塞栓症

こんな病気

血液の流れが悪くなったり、血管が傷ついたりすると血のかたまり(血栓)ができ、血の塊によって血液の流れが途切れてしまうことがあります(塞栓症)。 深い静脈の血液の流れが悪くなり、血栓によって静脈が詰まることを「深部静脈血栓症」と言い、主に脚の静脈で生じます。脚の静脈で出来た血栓が血流に乗って肺の動脈に詰まることを「肺塞栓」と言い、これら2つを合わせて「静脈血栓塞栓症」と言います。一般的に「エコノミークラス症候群」と呼ばれますが、最近では災害時などのニュースなどでも聞くことが多くなった疾患です。

こんな症状ありませんか?

発症のリスク

血の巡りが悪くなる 血がかたまりやすくなる 血管が傷つく
長時間の飛行機やバスでの移動 がん 手術
車中泊、脱水 妊娠 けが
骨折や脳卒中のまひでの寝たきり 経口避妊薬(ピル)
肥満 女性ホルモン薬の内服
(タモキシフェン、ラロキシフェン)

検査

問診や診察から疑われ、血液検査などが追加されます。最終的には以下の画像検査を行います。


  • 下肢静脈エコー検査:超音波で脚の静脈内の血栓や血流を観察します。
  • 造影CT検査:脚の静脈の血栓を検索するとともに肺動脈に血栓が飛んでいないかどうかを評価します。最近では造影剤の分布の仕方で肺動脈の血流も評価することが出来ます。
  • 肺血流シンチグラフィ:肺動脈血流を評価します。肺換気シンチグラフィと同時に行うことで肺の血流と換気とのバランスを評価することが出来ます。



治療

基本的にはお薬を使った治療になり、抗凝固薬(血をサラサラにするお薬)を用います。最近では飲み薬だけで治療が可能となり、軽症な方は外来通院で治療も可能となりました。 血の塊が多い場合や重症の場合は抗血栓療法(血の固まりを溶かす薬)や血管内治療(カテーテルによる血栓破砕術等)、外科的手術(肺動脈内血栓の除去)を行います。 脳出血や癌、手術などのため、抗凝固薬が使えない場合は肺動脈に血栓が飛ばないようにするため、お腹の静脈に網を張る(下大静脈フィルター留置)こともあります。

   

外来診察担当表

循環器内科

午前 伊藤 彰 伊藤 彰 伊藤 彰 ロバート 伊藤 彰 ロバート
午後 急患のみ ペースメーカー(第1週) 睡眠時無呼吸 急患のみ 急患のみ 休診

スタッフ紹介

副院長
循環器内科 部長
伊藤
いとう あきら
副院長
循環器内科 部長
伊藤
いとう あきら
卒業年次
昭和59年卒
専門分野
循環器内科全般
冠動脈インターベンション
下肢動脈・末梢動脈インターベンション
学会認定・所属学会
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管カテーテル治療学会専門医・日本心血管内視鏡学会専門医
日本内科学会・日本循環器学会
日本心血管カテーテル治療学会
日本心臓病学会・日本不整脈学会
日本冠疾患学会・日本心血管内視鏡学会・日本集中治療医学会
閉じる
循環器内科
RobertZheng
ロバート ゼング
循環器内科
RobertZheng
ロバート ゼング
卒業年次
平成28年度
専門分野
循環器内科一般
学会認定・所属学会
日本循環器学会
日本内科学会
日本心エコー図学会
日本超音波学会
閉じる