声がかすれる

外来・診療のご案内 menu
HITO病院 menu close
  • 看護部
  • 採用情報
  • mail
  • map
  • facebook
  • twitter

x 閉じる

声がかすれる

声は高さ、強さ、音質の3要素をもっています。
「声がかすれる」といった音質の障害を一般的に嗄声(させい)、声がまったくでない症状を失声といいます。

原因※もう少し一般の人にわかりやすい言葉でお願いします

音声の酷使によるもの
急性声帯炎、声帯結節、声帯ポリープ
喫煙によるもの
ポリープ様声帯、声帯白板症、喉頭癌
頸部の外傷
手術、喉頭外傷による甲状軟骨の骨折、被裂軟骨の脱臼、甲状腺手術後の喉頭麻痺
胸部の手術
食道癌、心臓手術後の喉頭麻痺
気管内挿管
直後に発症するのは喉頭麻痺であり、一定期間経過後に発症するのは喉頭肉芽種

診断・検査

問診
患者様の声を聞いて音声の異常があるかどうかを判断します。生活環境や生活習慣、声の乱用の程度や喫煙歴が重要な情報となります。
ファイバースコープ
声帯の状態を直接観察することができます。その他、声帯の詳細な動きを観察可能な検査(ストロボスコピー:当院では行っておりません)もあります。
発声機能検査
嗄声の状態の程度や治療の効果を評価します。
画像診断
声帯のみならず、声帯を動かす神経(反回神経)が走行する部分に病気が隠れていないか確認します。