寒さから心臓を守る

外来・診療のご案内 menu
HITO病院 menu close
  • 看護部
  • 採用情報
  • mail
  • map
  • facebook
  • twitter

x 閉じる

寒さから心臓を守る


心臓は寒さに弱い

心臓の病気は冬に多い傾向があります。狭心症もそのひとつですが、特に心臓の動脈が突然の寒さによってキュッと狭くなることが原因で、胸が重苦しくなる病気を「冠攣縮性狭心症」と言います。通常は数分間で自然に治まりますが、長く続いたり、突然狭くなる衝撃で血管が傷ついたりすると、動脈の血流が途絶え、「心筋梗塞」を起こしてしまいます。
また、突然の寒さで動脈が突然狭くなり血圧が急激に上昇すると、心臓に急激な負担がかかって心筋梗塞を起こすことも知られています。これを「ヒートショック現象」といいます。
このように、突然の寒さは心臓にとっては大敵なのです。



心筋梗塞を予防する

このような冬の心筋梗塞から心臓を守るために、日々の生活の中で実践できることもあります。次のようなことに気をつけて寒さから心臓を守りましょう。

1)外出時には防寒対策
当たり前のようですが、これが非常に大切です。室内と屋外の急激な気温差にさらされないよう、室内で十分に着込んでから外出しましょう。ゴミ出しなどのちょっとした外出でも、薄着のまま屋外に出ることは避けましょう。
2)入浴の際は温度差に注意
家の中でも入浴の時は温度差が生じやすく、ヒートショックのリスクも高いので注意が必要です。右の図を参考にして、部屋、脱衣所、浴室の温度差をあらかじめ小さくしておきましょう。
3)冬こそ脱水に気をつけて
急性心筋梗塞は脱水によって起こりやすいことも知られています。脱水になると、血液がドロドロになり、血の塊ができやすくなるためです。冬場は目に見える汗は少ないですが、飲む水の量も少なくなりがちです。入浴後や入眠前、起床時には意識的にコップ1杯の水を飲むようにしましょう。

   

外来診察担当表

循環器内科

午前 伊藤 彰 伊藤 彰 伊藤 彰 ロバート 伊藤 彰 ロバート
午後 急患のみ ペースメーカー(第1週) 睡眠時無呼吸 急患のみ 急患のみ 休診

スタッフ紹介

副院長
循環器内科 部長
伊藤
いとう あきら
副院長
循環器内科 部長
伊藤
いとう あきら
卒業年次
昭和59年卒
専門分野
循環器内科全般
冠動脈インターベンション
下肢動脈・末梢動脈インターベンション
学会認定・所属学会
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管カテーテル治療学会専門医・日本心血管内視鏡学会専門医
日本内科学会・日本循環器学会
日本心血管カテーテル治療学会
日本心臓病学会・日本不整脈学会
日本冠疾患学会・日本心血管内視鏡学会・日本集中治療医学会
閉じる
循環器内科
RobertZheng
ロバート ゼング
循環器内科
RobertZheng
ロバート ゼング
卒業年次
平成28年度
専門分野
循環器内科一般
学会認定・所属学会
日本循環器学会
日本内科学会
日本心エコー図学会
日本超音波学会
閉じる