x 閉じる

x 閉じる

HITO LIFE働くを支える - 理学療法士 作業療法士 言語聴覚士

「急性期から在宅まで」を基本方針に、

連携の取れた密なチーム医療で

一貫した包括的リハビリテーションを提供します。

基本方針

  • 常に高水準の専門的知識と技術の習得に努め、これを実践に活かします。
  • 患者さまの立場に立ったリハビリテーション・サービスの提供を行います。
  • 治療・訓練における安全管理に配慮し、改善対策を行います。
  • リハビリテーションチームの一員として、他の医療従事者と協力し責任を果たします。

HITO LIFE
リハビリテーション科

メッセージ

Message of Head of a section

スタッフ一人一人、患者さまへの想い
HITO病院としての姿勢を
お伝えします。

↓

特徴

Characteristic

リハビリテーション科としての特徴
専門的かつ質の高いリハビリテーションを
心がけています。

↓

教育制度

Education system

チームの一員としての専門性を深め、
自己成長ができるように、先輩が
丁寧にサポートします。

↓

職場環境

Work environment and Work-life Balance

福利厚生などの職場環境と共に
働く人のワークライフバランス
考えています。

↓

リハビリテーション科ごあいさつ

Rehabilitation greeting

リハビリテーション科よりご挨拶

当院のリハビリとは。当院で働きたいと考える方へ。

リハビリテーション科 科長 山田 太一

当科では急性期から生活期すべてのリハビリを経験することが出来ます。また、介護予防教室や地域のイベントに出向き、地域住民への支援を考えております。
セラピストは、専門性を磨くことはもちろんですが、生活場面をイメージし、患者さまのいきがいや家族・地域とのつながりを実現する覚悟と実行力が必要です。

その実現に向け、多職種と連携し、協働した医療を実践しています。また、ロボットや電子機器を活用した取り組みや技術開発にも励んでいます。
入職しての不安はたくさんあると思いますが、スタッフみんな明るく、勉強熱心です。他では経験できないことがたくさんあります。
一緒に地域で「いきるを支える」リハビリを目指して頑張りましょう。

リハビリテーション科の特徴

Rehabilitation greeting

病棟や疾患別に構成されるチームで
専門的かつ質の高いリハビリテーションを!

78名のスタッフで超急性期~生活期まで専門的かつ質の高く切れ目のないリハビリテーションを心がけています。
入社3年目までに各部門ローテーションを行うことで、で新人教育や治療技術の向上を図っています。
セラピストの専門性向上とともに、多職種での協力・連携を実現するために、土・日・祝日を含めた365日体制※で、患者さまの早期の在宅復帰を目指すとともに、入院生活の充実を図ってまいります。




取得施設基準

脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)


運動器リハビリテーション料(Ⅰ)


呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)


心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)


がん患者リハビリテーション科


廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)


回復期リハビリテーション病棟入院料(Ⅰ)
 (リハビリテーション充実加算)



歩くを支える

歩行機能プロジェクトチーム

理学療法士が集まり、歩行に着目をおいたチームです。

HAL®の効率的な使用方法の検討や、整形疾患に対してのクリニカルパスの作成・修正、歩くことに難渋している患者さまをピックアップしての症例検討などを行っています。
知識の向上のため、分野毎の勉強会などを行いスタッフのレベルアップを行っています。


HAL®(Hybrid Assistive Limb®)

CYBERDYNE社の歩行アシストスーツ:HAL®を導入し、患者さまの治療に用いています。HAL®(医療用下肢タイプ)、HAL®(単関節)の左右1セットずつの計3台を有しています。
H28年度より開始し、使用症例数を増やしています。算定可能な神経変性疾患以外にも脳卒中患者さまにも使用し、早期の回復を図っています。


歩行回診

装具を必要とする患者さまの歩行をセラピスト、義肢装具士で実際の場面を見ながら、適用の検討や修正を行っています。


各センターとの関わり

統合型歩行機能回復センター人工関節センターにて、他職種と連携した取り組みも行っています。






医療用下肢タイプを用いた訓練場面

HAL®(Hybrid Assistive Limb®)

歩行回診

食べるを支える

摂食嚥下プロジェクトチーム

言語聴覚士のみでなく、理学療法士、作業療法士が集まり、食事を口から食べれらる用に取り組みを行っていくチームです。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のリハビリに関わる全職種が集まり、患者さまがずっと安全に食べられる、を目指すチームです。
食事場面やVF(嚥下造影検査)の映像をみながら、何故食べれていないか、どうしたら食べるられるようになるか、症例検討を行っています。そこでの意見をもとに、実際の食事場面のなかでどのスタッフでも食事に関われるように評価の統一を行い、治療をしています。



シーティング(座る姿勢)

食事をとる際には座っている姿勢が重要となります。
そのため、食事姿勢の評価を行うとともに、エアークッション等の検討を行い、安楽な食事がとれる姿勢になるようにしています。



シーティング

シーティング

医療機器の活用~ICT・IoTを用いた職場環境の改善~

IVES(随意運動介助型電気刺激装置)

運動麻痺や筋力低下などで動きにくくなった手・足の運動を、電気刺激によってサポートする治療法です。脳からの運動指令によって生じる筋肉の活動を電気信号として読み取り、弱まった運動指令を補うように麻痺のある筋肉に電気刺激を与えます。
当院では主に脳外科疾患の急性期より使用を検討し、上肢の麻痺に対してリハビリを行っています。


適応:出血や脳梗塞などの脳血管による運動麻痺
骨折や靭帯損傷などの運動器疾患の手術後に生じる筋力低下


HAL®(Hybrid Assistive Limb®)単関節タイプ

CYBERDYNE社のアシストスーツ:HAL®を導入し、一部患者さまの治療に用いています。
HAL®(単関節)を左右1セット有しており、脳血管疾患の患者の手を曲げ伸ばしする能力を改善させるためにリハビリの中で用いています。




IVES

IVES

HAL®(Hybrid Assistive Limb®)単関節タイプ

AmiVoice®(音声認識デバイス)

通常業務の中には多岐にわたる入力作業があります。AmiVoice®というマイク状の音声認識デバイスを用いることにより長文の入力の手間を省き、キーボード入力に比べ、時間の短縮が行えまず。
それにより入力業務の効率化、患者さまへリハビリを提供する時間の確保を行っています。

(事例)情報提供書作成時間において、約半分に短縮!!  ・キーボード入力:6分15秒 → ・AmiVoice®使用 :3分13秒




AmiVoice®

AmiVoice®

AmiVoice®の仕組み

SRソフトビジョン

(耐圧分散器)
座位や臥位姿勢で、ポジショニングが行えていると一見思える場合でも圧がかかる部分が偏っていることがあります。SRソフトビジョンを用いることで、実際に体重がどのようにかかっているかを視覚化することが出来ます。
これを活用し、明確な基準のもと、褥創の予防や、適切な車椅子に座る姿勢の調整を行い、食べやすい姿勢をとれるようにしています。




SRソフトビジョン装置類

体圧分布

多職種と連携した取り組み

各種センターの取り組み

統合型歩行機能回復センター

歩行障害を来たす疾患は多岐にわたり、患者さまが歩行障害の原因となる診療科がわからないケースも多くあります。そこで、本センターにて医師が診察、原因を導きだした後、必要と思われる訓練等をリハビリスタッフと医師で相談しながら提供していきます。





脳卒中センター

四国中央市で唯一の脳疾患対応可能病院であり、3テスラMRIなどの最新医療機器を導入し、迅速な診断、治療ができる体制を整えています。
退院後に痙性が残存し、拘縮を来たした方に対してはボトックス治療後の短期集中型のリハビリも行っています。
また、地域の脳卒中相談会などに医師、看護師とともに赴き、脳卒中予防や注意点などについて発症前の方への説明を行っています。





糖尿病センター

外来で来られた患者さまについても、薬剤師、栄養士と協力して指導を行います。
表在感覚・深部感覚の検査、個人の生活習慣や合併症・既往歴を考慮して適切な運動指導を行っています。





創傷ケアセンター(褥瘡対策)

褥瘡発生に対して普段とっている姿勢が問題となっていると思われる患者さまについてはセラピストが介入し、家族さま、施設スタッフへポジショニングや介助方法などの指導を行います。
また体位変換枕や車椅子上でのクッションの選定の援助を行っています。





人工関節センター

退院後の診察に合わせて関節可動域、筋力、歩容(歩行速度)などの評価を行っています。
また、自宅での生活において問題点が生じていないか、自主訓練の再指導などを行っています。 







認知症ケアチーム(院内デイ)

急性期の認知症を有する患者さまを対象に、認知症デイサービスを行っています。各患者さまに手作業やレクリエーションなどの提供を行うことで、その人らしい時間を過ごし、精神機能の維持、向上を図ります。
また自発性を引き出すことでQOLの向上を図っていきます。塗り絵などの活動記録をファイルで保管し、家族さまとスタッフが情報を交換できるようにしています。






地域と繋がる

医療従事者向け

IHG事例検討会

HITO病院から退院した患者さまの在宅・施設での生活について振り返り、治療や退院調整、自宅での環境設定などについてディスカッションを行ないます。
それにより、よりよい退院支援やグループ内連携の向上を図っています。


四国中央リハケア勉強会

日常の医療場面や患者さまの状態などについての勉強会・ディスカッションを通して、医療と介護の連携を深めることを目的としています。



地域向けの講習会など

ロコモ教室

地域でロコモティブシンドローム※に対して理解を深め、高い治療意識を持ち、転倒しない体づくりを目指しています。
主な内容としては、地域医療再生学講座教授 :間島直彦医師による講演、セラピストによる体操・身体測定を行っています。
※骨・関節・筋肉など運動器の障害により、日常生活の中で「立てない」「歩けない」などの移動機能が低下した状態




お口の健康教室

歯科医師、歯科衛生士、言語聴覚士が四国中央市に出向き、「清潔な口でいつまでも食べていける口や歯の環境づくり」を目指し、活動を行なっています。
教室の内容としては、言語聴覚士による嚥下評価・嚥下体操・構音訓練、歯科医師による口腔内・舌の検査、講義、歯科衛生士による口腔内清掃指導を行なっています。また、各々の評価・検査結果を元に説明をしていきます。





実績(平成26~28年)

各疾患の内訳(H28年度)





学会発表





取得資格一覧





卒業校一覧





リハビリテーション科 スタッフの声

Staff Voice

スタッフの声 理学療法士

さまざまな資格を
取得しながら学んできました

理学療法士/8年目 村上 雅基
取得資格:呼吸認定理学療法士、三学会呼吸認定療法士、糖尿病療養指導士、がんのリハビリテーション研修受講

入職後、先輩職員からの手厚い指導の下、様々な疾患や病期の患者様へのリハビリテーションを経験させて頂きました。その中で、元々興味のあった内部疾患の知識を深めるため、資格取得を目指しました。現在、取得した資格も活かせるRSTに所属し、活動しています。
超急性期から生活期までみることのできる当グループの中で、超急性期の理学療法士として患者さまに関わるやりがいを感じることのできる毎日を過ごしています。

多くの疾患に関われて
総合的な知識・技能が身につきます

理学療法士/2年目 須藤 亮

『PTとして1年間働いてみて 』
 昨年は新人教育プログラムに沿って、治療場面・リスク管理等、基本的な内容を指導してくれる先輩職員から指導してもらいました。また回復期病棟で勤務するなかで、退院支援・家族さまとの関わりなど、Dr・NS・MSW等の他職種の方からも指導を頂く機会があり、治療場面以外での成長も感じられる1年間でした。

『目標とする姿』
 当院は多くの疾患に関わることが出来る病院です。整形・脳外・内部疾患などさまざまな病気の患者さまへの身体機能レベルへの治療場面以外でも、環境面など様々な視点からアプローチできるようになりたいと思っています。

スタッフの声 作業療法士

子育てもしながらでも
働きやすい環境です

作業療法士/10年目 湯浅 裕子
取得資格:ケアマネージャー、介護福祉士、認知症キャラバンメイト、認知症ケア専門士

学生時代に実習地でお世話になり、今年度で入職して10年目を迎えます。10年間の間に結婚、出産と女性としても様々な転機がありました。不安なことや挫折しそうになったことも何度もありました。自分のがんばりを認めてくれる場所であり、理解をしてくれる上司がいます。今、OTとして母として本当に充実した生活をこの職場でさせていただいていると感じることができています。
患者さまを輝かせるには自分自身も輝く必要があります。常に輝くことは難しいですが常に助けてくれるリハビスタッフがHITO病院にはたくさんいます。人数が多くても本当に皆やさしい、あったかな職場です。

先輩方の温かい指導やアドバイスで
乗り切れた1年間

作業療法士/2年目高橋 誓太

『OTとして一年間働いてみて』
 一年間を通じ感じたことは「あっという間だった」の一言です。入職初期は「上手くできるだろうか」「失敗しないだろうか」など不安や戸惑いがありました。けれども、先輩方の温かい指導やアドバイス、サポートを頂き、一年間を乗り切ることができました。また、OTとして患者様と向き合うことの大切さや作業を通し患者様と触れ合うことの楽しさを学びました。まだまだ、OTとして未熟ですが、自己研鑽に励み、できないことをできるOTに成長したいと思います。

『目標とする姿』
懸命に患者様と向き合ったり、柔軟な考えやアイデアを浮かべるセラピストになりたいです。 今後は学会での発表や通所リハで地域や社会での暮らしと退院後の生活をみたいです。

スタッフの声 言語聴覚士

院内の嚥下・摂食チームとして
活躍しています

言語聴覚士/5年目 櫻田 実佳

当院のSTは、嚥下障害、失語症・高次脳機能障害を持った患者様のリハビリを担当する機会が多いです。STだけでの仕事のみではなく、PT・OTと一緒に勉強会や症例検討会を開催したり、知識の向上を図っています。そのためSTでも全身の状態や姿勢や動き方などにも注意しながら関わりを行っています。

『病院でのSTの役割(NSTなど) 』
NST(栄養サポートチーム)・SST(摂食・嚥下サポートチーム)委員会に所属し、むせたり誤嚥性肺炎にならないようにしながら、経口摂取できる患者様を増やしていこうと多職種で取り組んでいます。口から物を食べるというのは当たり前のようですが、病気になると難しく、でもとても大切なことです。それを援助できるように日々働いています。

患者さまの想いと向き合う機会が多く
やりがいを感じます!

言語聴覚士/2年目 中谷 祐介

『STとして一年間働いてみて 』
一年間、急性期脳外科病棟にて勤務していました。急性期病棟では脳卒中などにより言語障害や高次脳機能障害、嚥下障害を抱える方々と関わることが多かったです。病気を発症したばかりでは点滴や血圧などのバイタル管理、その他のルートなど、リスク管理の重要性を学びました。また多職種での連携の重要性の一端を学ぶことができました。

『目標像 とする姿』
STは患者様の言葉や想いと向き合う機会が多い仕事です。そのため、十分に伝えることが出来るように援助し、患者様と向き合い、その希望に応えられるセラピストになりたいです。

教育体制

education system

一緒に学び、考えそして行動できる
セラピストを目指しましょう!

リハビリテーション科 主任 藤川 智広

患者さまを治療するにあたって思うように治療効果がでたり、でなかったりと日々悩む事があると思います。
そんな悩みを解決できるように、なんでも話せて相談できる心強いスタッフ(プリセプター)のそばでセラピストの面白さを感じてもらってます。 また、個性派揃いのスタッフで皆さんの成長をバックアップします。
HITO病院では超急性期~回復期を持ち合わせていますが、IHGグループ内の生活期リハを経験する機会も設けており、 急性期から在宅を見据えた関わりができるような教育体制をとっています。
また、質の高い医療を提供できるように、「臨床・教育・研究」の3本柱を基盤として知識、技術の向上にも取り組んでいます。 一緒に学び、考えそして行動できるセラピストを目指してみませんか?

新入職員の教育体制

当院では超急性期~回復期を持ち合わせており、様々な治療状態の患者さまと接することができます。
また、法人グループ内の生活期リハを経験する機会も設けており、急性期から在宅を見据えた関わりができるような教育体制をとっています。 「臨床・教育・研究」の3本柱を基盤として知識、技術の向上にも取り組み、質の高い医療の提供を目指しています。


リハビリテーション科 ラダー

当院ではラダーシステムを導入し、経験年数に応じた目標を自ら学習・達成することを目標としています。 これに沿ってスキルアップや仕事をすることで、中堅層になっても常に向上心を持って取り組むことができます。 また、ラダーを指標として評価を行うことで、実際の努力がそのまま結果に繋がってきます。







リハビリテーション科 教育ラダー







新入職員紹介

知識・技術力の向上が魅力!

作業療法士/H29年入職/6年目 日ノ西 郁斗

『中途職員として、なぜこの病院を選んだの? 』
地域の中核となる病院であり、急性期から在宅までを一貫してひとつのグループで支援できるという点に惹かれました。
また、以前の職場で働いている際に参加した学会でもHITO病院の先輩方の発表を多く目にしました。この病院では日々の仕事以外に常に知識の向上を図っているのだと感じ、自分の技術向上にもつながると思い入社しました。

研修内容が充実している上に
相談しやすい!

作業療法士/H29年入職/1年目 山本 彩美

『新人研修を終えてみて 』
研修内容が充実しており、実際に現場の先輩方が講義・ご指導してくださったため分かりやすかったです。これから1人で患者様と向き合うことに不安はありますが、相談しやすい先輩方ばかりで心強いです。リハビリスタッフの一員として、患者様の望む生活を共に実現していく姿勢を大切にしたいと思います。



多様な職場環境

グループ図と概要

社会医療法人 石川記念会(HITO病院) - 医療法人 健康会 - 社会福祉法人 愛美会
※リンク準備中です
  • 創業者の石川綮一が1976年に石川外科医院を開設(19床)、以降2次救急病院として24時間365日体制で地域の医療を支えています。
  • 1979年に医療法人綮愛会 石川病院を開設(80床)、その後増床し1991年に153床となりました。
  • 1988年には社会福祉法人 愛美会を設立し、2000年に回復期リハビリテーション病棟の施設基準取得と、急性期から回復期、維持期まで切れ目のない体制で、地域になくてはならない医療・介護・福祉サービスを提供しております。
  • 2009年の宇摩医療圏域の地域医療再生計画における病床の再編・統合計画により、104床の増床許可をいただき、2013年4月1日に現在のHITO病院が257床で開院しました。
  • 今後は、機能分化を進めながら各事業所を強化し、グループの総合力を生かして、地域の皆さまの「いきるを支える」サポートをしてまいります。
  • 当院には、一人ひとりのライフサイクルに応じた多様な働き方が実現できる環境が整っています。

福利厚生

夕食無料バイキング

なんと、11Fレストランでは職員の夕食が無料バイキング形式で提供されています。仕事の合間に一息つける場として、また他職種のコミュニケーションの場としても頑張る皆さんの強い味方となるでしょう。バランスのとれたメニューで健康管理もバッチリです。

充実した休暇制度

HITOいきホリデー
毎年連続3日間休暇を取得
メモリアル休暇
毎年2回、記念日等に休暇を取得
里帰り休暇
入職1年目の職員を対象に連続休暇を取得
リフレッシュ休暇
入職5年目ごとに連続休暇を取得
育児休暇
希望者100%取得
その他
子どもの看護休暇、介護休暇等があります

所定の休日以外にも
年次有給休暇6ヶ月後 10日取得   
以降1年ごとに加算、最高20日まで

HITOいきホリデーを利用して沖縄の実家へ帰りました♪

おしゃれで動きやすい
制服

優れた機能性、丈夫さと優しさが感じられるデザイン。職種別に色が異なり、リハビリテーション科のセラピストは黄色です。

付属保育園
「HITO KIDS」

保育所では、自家給食を提供し、忙しいお母さんの負担軽減はもちろん、給食メニューやおやつは栄養バランスがよく「食育」に力を注いでいます。季節ごとの行事やファミリーイベントなどもあり、息抜きできる環境づくりにも配慮しています。

HITO病院では子育て支援の環境づくりに積極的に取り組んでいます。

  • 産休&育休希望者 100%取得可能
  • 育児短時間制度あり
  • 子の看護休暇制度あり

クラブ活動

当院では、数々のクラブ活動があり、同士が集い汗をかいて活動しています。
フットサル、野球、バイクツーリングやマラソン(駅伝チーム)、軽音部などがあります。


野球部 Hippocrates

駅伝部 HITO AC
四国中央市駅伝大会で四連覇!

軽音楽部 イヨパミロン