x 閉じる

x 閉じる

HITO LIFE働くを支える - 医師 (常勤・非常勤)

医師の働き方を支える取組

ひとがよりよく生きるための、医療のあり方を考える。
「いきるを支える」医療こそ、私たちHITO 病院が目指す医療です。

厚生労働省も推し進めるICT化

平成28年3月の産業競争力会議の資料でも「医療情報の標準化や共通ICTインフラを整備し、医療の質と効率性の向上を図ることで、世界に誇る保健医療水準を維持するとともに、健康で安心して暮らせる社会を実現する。」とされています。

「未来創出HITOプロジェクト」を展開することによる効果

今後の保険医療は、「保険医療2035」にもあるように、診療支援機器や看護機器、介護機器、ロボット開発が行われ、遠隔診療や自動診断が汎用化されるなど、大幅な医療・介護の効率化や省力化が進みます。

私たちは、医療の分野にICTを活用した「未来創出HITOプロジェクト」としてまず2つのプロジェクトを展開し、医療サービスレベルの向上と業務効率化の推進を目指します。そして、患者さまや利用者さまが、この地域においても安心して適切な医療が受けられるような体制を構築していきます。

また、医療従事者においては、情報共有と診療情報の入力や参照がより便利になることで業務の効率化が図られ、その分、患者さまへの診療や看護・リハビリテーションの質やサービスレベルを高めることが可能となります。

国内初!※全医師によるiPadを用いた実臨床データの参照・活用 開始

(※当院調べ)

より最適な医療を より最適な医療を

2016年12月より医師全員がApple 社のデバイス「iPad」を持ち、シスコシステムズ(世界最大のネットワーク機器開発会社)のWi-Fiネットワークを活用し、最適化(セキュリティ強化や負荷分散による途切れない通信化)をした上で実臨床データ検索アプリを診療の現場にて活用開始しました。

導入の背景として、医療の様々な現場の中で、医師が院内を移動しながら診療する必要性が増したことから、どこでもつながるネットワーク環境の整備を行いました。患者さまの高齢化が進み、疾病の慢性化や複合化の対応に、医師は専門外の知識も求められるようになったことから、診療ガイドラインや実臨床データをすぐに確認できる環境整備も急務となっていました。

病院の全医師が「iPad」を持ち、実臨床データを活用した診療を行うことは、国内初(※当院調べ)の事例であり、最新のICTを利用することでよりよい医療サービスを提供したいと考えています。実臨床データ検索アプリは、薬剤処方実績や入院後続発症の実態などの情報が確認 できる医師を中心とした医療従事者向けの実臨床データ検索サービスです。医療従事者にとっては、薬剤を選択する際や処方説明の際の一助となります。

導入計画検討中のアプリの一つである学術専門電子書籍サービスを活用し、「iPad」で、診療ガイドラインや論文の検索が行えることで、より適切な医療を提供することが可能になると想定しています。今後医師が持つ「iPad」には、よりよい医療サービスを提供するために必要なアプリケーションを検討・導入しながら、患者さまに質の高い医療サービスの創出に取り組んでいきます。

院内ネットワークの最適化 院内ネットワークの最適化

音声認識ソフトによる医療従事者の「働き方革命」

今までは、問診内容やカンファレンス(会議)・回診でのカルテ記載などを手で入力していましたが、話した内容がテキストデータに自動的に変換される株式会社アドバンスト・メディアの音声認識ソフト「AmiVoiceR(アミボイス)」を試験運用しており、業務の効率化を図れるよう取り組んでいます。

音声認識ソフトによって、業務効率が向上し、今まで以上に診療や看護、介護などに時間をかけることができ、サービスレベルの向上につながることが期待できます。

音声認識の仕組み 音声認識の仕組み ICTを保険医療に利活用することで医療サービスレベルや業務効率が向上する ICTを保険医療に利活用することで医療サービスレベルや業務効率が向上する

ドクターズコラム

File 03.初めての愛媛
総合健診センター/消化器内科 医師大宮 久美子

今年4月から健診センターと消化器内科兼務で入職させていただき、早5ヶ月になります。山口大学卒業後、山口、横浜、宮城、秋田、埼玉といろんな土地に行きました…

内容を開く+

それぞれの地域の文化、言葉、医療事情…と、いろいろと経験したので、初めての土地は慣れてはいましたが、それでも四国地方は初めてで、しかも全く知り合いもおらず、ちょっと不安でした。ですが、HITO病院に入ってみれば、なんだか皆さんとってもフレンドリーで、医局もほんわか、でもやるときはやる!という雰囲気でした。見学に来たとき、「きっとここなら、知らない場所でもなんとかなるんじゃないかな~」と就職しましたが、その通りでした(笑)。先生方や看護師さん、薬剤師さん、理学療法士さん、事務の方…どの方にも普通に聞きたいことを聞けるし、空き時間にはなんだか雑談もできてしまう、その雰囲気がすごい!と思いました。
よく、「他科との垣根が低い」といいますが、低いっていうか、そもそも「感じない」っていうか…今までいろんな病院に勤務しましたが、ここは最も垣根が低いような気がしています。

今までは大きな病院で消化器内科(特に内視鏡)どっぷり一色の生活だったので、他の分野のことを思い出しつつ、今までの培ってきた経験と技術も生かせるようにと模索中です。
研修医向けに始まったはずの週1回のレジデントレクチャーも、他科の先生がされている診療や治療を知ることができる良い機会になっていて、それを普段の診療にも活かせればと思って、勉強中です(^^)v。
また、内視鏡については「なんでも来いや~!」なので、吐血でも下血でも黄疸でも治療します☆というのは以前からなんですが、これからもまだまだやれます!頑張りますよ!もちろん検査もです。一人でも、「えぇ~内視鏡検査、受けるのヤダ~」って思う方が減るといいなあと思います。

プライベートでも今は家庭のことも両立できているので、クオリティは低いですが(笑)夕食を作ったり、家族との時間を持ったりもできるようになりました。
他の職員の方も、休みの日に○○に出かけたとか、スポーツしたとか、みなさんそれぞれプライベートも充実しているようですし(*^_^*)。

私もスポーツとか、何かしたいな~と思っているところです。これから仕事もプライベートもやりたいことがいっぱいです。人生の選択肢で迷うことはたくさんあるのですが、どの選択も間違いじゃないと思っていますので、これからも迷いつつ、前進していきたいと思います。

File 02.「他人のフリ」
消化器内科医長扇喜 智寛

研修医として医学部卒業後すぐ、当院に非常勤医師として主に外来・検査などの業務での経験を積ませて頂いて、私の医師としてのキャリアはHITO病院とともに始まりました。…

内容を開く+

研修医から指導医になった現在、最近の若い研修医などの考え方などにちょっと違和感を感じたりすることもままありますが、(いわゆる、全く今どきの若いもんは・・・というやつです。)反面、今の自分は研修医時代のような情熱を失って来ているのではないかと反省する事もあります。

急性心筋梗塞の患者さんを夜中の3時に救急搬送した事がありますが、受け入れ先の当直の先生に笑顔(!)で「夜分遅くお疲れ様です。これからカテーテル検査をします。ご紹介ありがとうございました。」とこころよく受け入れて頂き、非常に感銘を受けました。(ちょっぴりキレイ系の女医さんであった事も、私的にプラスポイントになったのは否定はしません。)また妻が夜の12時に産気づき、急遽かかり付けの産婦人科に入院する事になったとき、夜勤担当の師長さんがとても優しく入院の受け入れや入院後の処置などをして下さいました。さらに驚くべきことに、次の日、他の妊婦さんの緊急帝王切開術に入り、それが終わった後もまた妻の病室に訪室、「心配無いですよ。」と24時間勤務の空けとは思えない程の優しさをもって接して頂き、またまた感銘を受けてしまいました。(前述の女医さんと異なり、ややお歳を召されていたようでしたが、白衣の天使度指数はダントツでした。)

同業者の方々の素晴らしいプロフェッショナル意識の高さを目の当たりにして、自分ももっともっと頑張らねば、いや頑張れると勇気付けられた様な気がしました。諺曰く「他人の振り見て我が振り直せ」は、悪いお手本に関する諺ですが、今回は他人の振りを良い意味での教訓にしたいと思います。

頑張っている方々のかたわらで他人のフリをして通り過ぎてしまわずに一緒に頑張っていく情熱はいつまでも失わなずにいたいものです。

File 01.HITO病院での思い出
OB谷川 和史

四国中央市に赴任して、8回目の桜の季節を迎えます。

思えば7年前、石川病院に配属され、4月の歓迎会は向山公園でのお花見でした。…

内容を開く+

揚げたての天ぷらを頬張りながら、上司となる先生、他科の先生方、他職種の皆さんと親しくなったことがつい昨日のことのように思い出されます。

研修医2年、外科医1年(西条中央病院3カ月含む)を愛媛大学で過ごし、本格的に外の病院に出たのが石川病院でした。 石川病院に来る3か月前はカンファレンス準備、手術の第4助手、教授診察の代行入力など雑用をこなしていたのに、石川病院に来た日から自分の外来を持ち、主治医になって指示を出す。手術の適応を判断し、執刀医として全うする。という責任ある立場になりました。

自分の力だけでは知識も経験も足りないため、いろいろな道場に入門し、それぞれの分野で師匠に出会い、奥義を教えていただきました。(オペ師匠、胃カメラ師匠、ケモ師匠…) 忙しい中で時間をつくって教えていただいた師匠方には、私が次の弟子を鍛えることで恩返ししたいと思っております。

7年間、さまざまな部署でお世話になりました。
病棟、HCUには術前術後管理からイレウス管のアシストまで無理難題をお願いしました。健診センターはおいしいお茶が出て、ときどき昼食を分けていただけるオアシスでした。レントゲン室は検査での利用はもちろんのこと、ラーメン部としての活動の中心でした。内視鏡室は緊急で利用することが多かったのですが、スタッフの笑顔に救われました。リハビリスタッフの夜遅くまで頑張る姿をみて、何度もやる気スイッチが入り、忘れかけた情熱を取り戻しました。薬剤科には教えてもらうことの方が多く、競艇も教えてくれました。栄養科は内服ではどうしようもない食欲不振の患者から横浜ベイスターズまで幅広い対応をしてくれました。クラーク室は秘密の花園みたいで、入りづらかったです。手術室はリラックスして昼食を食べる場所でした。外来、事務、検査部、購買科、FML…。すべての皆様に感謝です。

慣れ親しんだ四国中央市を去ることになりましたが、ここは第2の故郷です。多くの患者さまから学び、得た知識と経験を次の場所で活かせるように努力します。
我が生涯には悔いが残りまくっておりますので、これで終わりではなくこれから始まりという気持ちで医療に携わっていけたらと思います。また会いましょう。

T.B.C(タニガワ・ベースボール・クラシック)での集合写真
〈写真:T.B.C(タニガワ・ベースボール・クラシック)での集合写真〉