x 閉じる

x 閉じる

HITO LIFE働くを支える - 臨床工学技士

臨床工学科よりご挨拶

医療機器を通じて
安心・安全で信頼できる医療を

臨床工学科 リーダー 小野 慶人

臨床工学科が目指すのは、医療機器を通じて患者さまが安心・安全で信頼できる医療を届けることです。それは、医療機器を見るではなく、機器から見える情報を一番深く考え、医師・看護師・その他コメディカルと共有し、患者さまを診ることだと考えています。
臨床工学科は、2013年に設立され、血管造影手術・医療機器管理・ペースメーカチェック・補助循環・手術室支援・特殊血液浄化療法・救急室支援・人工呼吸器管理、RST(呼吸ケアチーム)活動、医療安全活動等、多岐に渡って活動しています。
多職種との関わりが多くある部署のため幅広い知識を習得、また部署内勉強会や認定技師制度取得など専門性の高い知識の向上を目指しています。 患者さま、地域医療貢献のために一緒に働いてくれる方を募集しております。

臨床工学技士の役割

医療機器から見える情報分析のスペシャリストを
一緒に目指しませんか?

私たちは多くの医療機器を取り扱い、職務を遂行しています。しかし、ただ医療機器を見るだけではなく、そこから一番多くの情報を読み取れるのが私達臨床工学士です。
その読み取った情報を、分析し必要な情報を考え、それを医師や看護師などの多職種に伝えていく「羅針盤」の役割を果たします。多くの職種や多くの部署と関わり合いながら一体となって患者さまを支えていきましょう!

臨床工学技士のお仕事

血管造影業務(循環器内科・脳外科・内科)

清潔介助者としてセカンド、サードとして医師の指示の元、検査・手術が円滑に進めるようにサポートしています。
循環器疾患では、臨床工学技士がもう1名入り、IVUS・FFR・IABP・PCPSの操作、また外回り業務を行っています。

人工呼吸器業務

人工呼吸器のラウンドを行っています。医療機器安全管理はもちろんのこと、医師、看護師、理学療法士と患者様の呼吸・生体情報を共有し、よりよい換気設定で早期離脱を目指しています。

特殊血液浄化療法

CHDF・GCAP・PMX・血漿交換療法を行っています。

医療機器管理

臨床工学科管理(中央管理)機器の年間点検・終業点検・稼働率算出・故障修理対応を行っています。中央管理機器数の拡大を目指しています。また院内の機器全般のトラブル対応も行っています。

中央管理機器一覧

◯ 輸液ポンプ 55台
◯ シリンジポンプ 36台
◯ 経腸栄養ポンプ 8台
◯ 人工呼吸器 6台
◯ マスク式人工呼吸器 3台
◯ 搬送用人工呼吸器 2台
◯ 生体情報モニタ 48台
◯ 送信機 28台
◯ アフェレーシス監視モニタ 1台
◯ IABP 1台
◯ PCPS 1台
◯ DVT予防マッサージ器 36台
◯ 持続低圧吸引器 3台
◯ 除細動器 6台
◯ AED 6台

ペースメーカ業務

埋め込み術、毎月のペースメーカ外来にて検査を行っています。

手術室業務

麻酔器・周辺機器の始業点検を行います。またナビゲーションの操作や機器トラブルに対応しています。

救急室業務

人工呼吸器装着や除細動器が必要な患者様が救急搬送された場合に取り付け、操作を行います。また胸痛で救急搬送された場合にはすぐに血管造影ができるように待機しています。




スタッフの声

チームワークがあり
楽しく働いてます!

臨床工学技士 米谷 果歩

私は、新卒でHITO病院に入職しました。 これまで、医療機器業務や人工呼吸器業務、血管造影業務、ペースメーカ業務、特殊血液浄化業務などの業務を行いました。 1年目からルーチン業務や症例数が少ない業務に積極的に携わらせてもらえたことで、失敗しながらも、失敗を活かして自分自身のスキルアップが出来たと思います。
院内で開催されているICLS講習を受講し、救急や急変時の心肺蘇生対応に役立っています。 私は、少人数ですが個々が努力し、チームワークがあり、とてもコミュニケーションが取れる部署で楽しく働いています。今からも経験をたくさん積み成長し続ける技士になって行きたいです。

丁寧な指導と練習で
しっかりスキルアップできました!

臨床工学技士 矢野 直輝

私は平成28年度に大学卒業後、新卒としてHITO病院へ入職しました。
現在は、急患が搬送されれば救急室へ走り、人工呼吸器の装着や緊急カテーテル検査・手術への介入を行っています。病棟では、人工呼吸器の管理・機器のトラブル処理、手術室では、使用される医療機器の点検・操作をし、ペースメーカチェックや機器の操作で中央処置室・内視鏡室など様々な部署に出向き、幅広く活躍することができるようになりました。1年目は早く業務が行えるように慌しい日々を過ごしました。
先輩が築きあげて下さった信頼関係のおかげで私にも医師や看護師、他のスタッフの皆さんに気軽に声をかけてもらえ、コミュニケーションを取りやすい職場で働けています。
先輩からは「経験を積むことが第一」と貴重な症例があれば声をかけてもらいっています。私たち新人が実践する時は見守ってもらい、終わった後には手技を振り返るなど丁寧な指導をして頂き、1年をかけみっちりトレーニングを受けました。
また同期に恵まれ、お互いに切磋琢磨しスキルアップを目指しています。比較的人数の少ない部署ですがそれを強みに連携し、日々楽しく業務に励んでいます。



多様な職場環境

グループ図と概要

社会医療法人 石川記念会(HITO病院) - 医療法人 健康会 - 社会福祉法人 愛美会
※リンク準備中です
  • 創業者の石川綮一が1976年に石川外科医院を開設(19床)、以降2次救急病院として24時間365日体制で地域の医療を支えています。
  • 1979年に医療法人綮愛会 石川病院を開設(80床)、その後増床し1991年に153床となりました。
  • 1988年には社会福祉法人 愛美会を設立し、2000年に回復期リハビリテーション病棟の施設基準取得と、急性期から回復期、維持期まで切れ目のない体制で、地域になくてはならない医療・介護・福祉サービスを提供しております。
  • 2009年の宇摩医療圏域の地域医療再生計画における病床の再編・統合計画により、104床の増床許可をいただき、2013年4月1日に現在のHITO病院が257床で開院しました。
  • 今後は、機能分化を進めながら各事業所を強化し、グループの総合力を生かして、地域の皆さまの「いきるを支える」サポートをしてまいります。
  • 当院には、一人ひとりのライフサイクルに応じた多様な働き方が実現できる環境が整っています。

福利厚生

夕食無料バイキング

なんと、11Fレストランでは職員の夕食が無料バイキング形式で提供されています。仕事の合間に一息つける場として、また他職種のコミュニケーションの場としても頑張る皆さんの強い味方となるでしょう。バランスのとれたメニューで健康管理もバッチリです。

充実した休暇制度

HITOいきホリデー
毎年連続3日間休暇を取得
メモリアル休暇
毎年2回、記念日等に休暇を取得
里帰り休暇
入職1年目の職員を対象に連続休暇を取得
リフレッシュ休暇
入職5年目ごとに連続休暇を取得
育児休暇
希望者100%取得
その他
子どもの看護休暇、介護休暇等があります

所定の休日以外にも
年次有給休暇6ヶ月後 10日取得   
以降1年ごとに加算、最高20日まで

HITOいきホリデーを利用して沖縄の実家へ帰りました♪

おしゃれで動きやすい
制服

優れた機能性、丈夫さと優しさが感じられるデザイン。職種別に色が異なり、臨床工学技士は紫です。

付属保育園
「HITO KIDS」

保育所では、自家給食を提供し、忙しいお母さんの負担軽減はもちろん、給食メニューやおやつは栄養バランスがよく「食育」に力を注いでいます。季節ごとの行事やファミリーイベントなどもあり、息抜きできる環境づくりにも配慮しています。

HITO病院では子育て支援の環境づくりに積極的に取り組んでいます。

  • 産休&育休希望者 100%取得可能
  • 育児短時間制度あり
  • 子の看護休暇制度あり

クラブ活動

当院では、数々のクラブ活動があり、同士が集い汗をかいて活動しています。
フットサル、野球、バイクツーリングやマラソン(駅伝チーム)、軽音部などがあります。


野球部 Hippocrates

駅伝部 HITO AC
四国中央市駅伝大会で四連覇!

軽音楽部 イヨパミロン