プラセンタ注射

診療内容 menu
HITO病院 menu close
  • 看護部
  • 採用情報
  • mail
  • map
  • facebook
  • twitter

x 閉じる

プラセンタとは

プラセンタ は、近年若返り効果に対して世界中で注目を浴びてい
ます。
母体と赤ちゃんとを結ぶ胎盤からのエキスで、胎盤は赤ちゃんの
成長に必要なあらゆる栄養物質が含まれているといわれています。

プラセンタは元々更年期障害、肝臓の疾患の治療に使われていた
ものです。その研究から、アンチエイジングにも効果的であると
いうことがわかってきました。 皮膚の弾力を担っている真皮層の
コラーゲン、エラスチンの生産を促し、しわやたるみを改善しま
す。

医薬品のプラセンタは全て厚生労働省の認可を受けた安全なヒト胎盤エキスを使用していますので、副作用などの心配がなく安全に治療をお受け頂けます。
当院では厚生労働省の認可を受けたラエンネックというプラセンタを使用しております。


プラセンタの特徴

プラセンタの特徴としては自然治癒力が増大することがあげられます。

肩がこる、頭痛、貧血、冷え性、体がだるいなどの体の不調は、自然治癒力の低下が主な原因ですので、それを改善する作用があります。

本来の自然治癒力が低下していると、せっかく摂取した栄養剤の効果もあまり期待できません。 プラセンタはその自然治癒力を増大させ、体の不調を慢性化させない効果があります。

プラセンタの主な成分として、たんぱく質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルなどの栄養素などから構成されています。

プラセンタ注射の効果

 ■肌が綺麗になる
  皮膚の新陳代謝の促進作用、細胞分裂活性作用、美白作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、保湿作用等により
  肌の若返りが期待できる。

 ■シワ
  真皮の繊維が細胞に直接働きかけ、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成が促進されて、シワに効果が
  あると考えらる。

 ■シミ
  表皮細胞の分泌が促進されて、メラニン色素が排出され、シミが薄くなる。
  過剰にメラニン色素を生産するメラノサイトに対してメラニン色素の生産を抑制させる作用を持っている。

 ■発毛促進作用がある
  ホルモンのバランスを正常にし、毛球部へのジヒドロテストステロン作用を抑制することにより、毛母細胞の
  分裂が促進される。

■肝機能が改善(二日酔いの改善)

■更年期障害による不定愁訴が改善

■胃潰瘍が改善

■アトピー性皮膚炎が改善

■神経痛、リウマチ、ギックリ腰の痛みの軽減

■滋養強壮作用

■肩こり、冷え症、頭痛、生理痛が改善


プラセンタ注射の治療法

1~2本を上腕に筋肉注射します。
プラセンタ注射の治療は、1~2週間に1回位が目安です。
個人差はございますが、通常2~3回である程度の効果を実感される方が多いです。


病原性プリオンなどに対する安全性

プラセンタは、ヒトプラセンタ(胎盤)から様々な有効成分を抽出した医薬品です。 ウィルスや細菌に汚染されているヒトプラセンタが原料に混入しないよう、薬剤の製造にあたっては、汚染防止対策がとられています。 これにより、梅毒、結核、淋病、B型肝炎、C型肝炎、エイズ(後天性免疫不全症候群)、成人T細胞白血病、リンゴ病などの陰性が確認されております。

正常のプリオンが変異するには一定の時間が必要ですが、ヒトプラセンタは、約10ヶ月しか母親の体内に留まる事のない極めて暫定的な組織です。 また、製品を含めヒトプラセンタを原料として製造される医薬品の投与により、感染症が伝播したとの報告は、現在までに国内・海外ともにありませんが、 変異型クロイツフェルト・ヤコブ病等の伝播のリスクを理論的には完全に否定することはできません。

2006年8月24日 厚生労働省は、今後(2006年10月以降)変異型クロイツフェルト・ヤコブ病等の輸血感染を防ぐため、胎盤エキス(プラセンタ)を注射した方は、 献血を控えるようにとの通達がありました。しかしながら、これはあくまでも「可能性が完全否定できない」リスクの回避、および輸血の安全性を高めるための 処置であり、今までに感染例の報告は一切ありません。

※ 上記内容(効果と危険の可能性)を十分にご理解いただいた上で処置を行っておりますので、何卒ご了承ください。