病院長・理事長ご挨拶

HITO病院について menu
HITO病院 menu close
  • 看護部
  • 採用情報
  • mail
  • map
  • facebook
  • twitter

x 閉じる

病院長ご挨拶

地域に果たす、私たちの使命。地域包括ケアシステム実現に向けて。地域に果たす、私たちの使命。地域包括ケアシステム実現に向けて。

2019年4月1日 社会医療法人 石川記念会 HITO病院 病院長 相引 眞幸

4月1日付けでHITO病院の病院長として赴任しました、相引眞幸と申します。

 昨年度まで愛媛大学で救急医学を軸に、急性期の患者さんに接して参りました。その中で学んだことは、救急医療では病院内のみならず病院外での活動、例えば救急隊や他院の医療者との連携が必須であることです。これは、本院が急性期病院として地域における責任を全うするためにも、極めて重要であると思います。
 また、医学教育を救急医療の視点から見ると、各臓器を診る専門的な診療に加え一般的な診療もできる医師を育成することが更に重要です。救急搬送される患者さんは様々な症状・疾患を抱えて来られます。その時ある特定の臓器の診療しかできないのでは、医師が何人いても足りません。専門医になる前に一般診療のできる医師を育成せねばなりません。その意味で、本院の役割は大きいものと考えております。

 限られた医療資源の中では、ICTを用いて業務の効率化を図ることも重要です。本院では既に石川賀代前病院長の肝入りで、その試みがなされています。様々な課題はありますが、このICTの活用は、将来他院との更なる連携の上でも必須でありますし、患者さんやご家族の方々との情報共有がにおいても有用であります。特に、遠方で生活されている家族にはその効果は大きいものと思われます。

 また現在、人口の超高齢化に伴い地域包括ケア体制が運用されています。この体制の内で、2次輪番制救急病院として、地域で診療が完結できる体制構築に寄与する事が必要です。それと同時に、高次診療の適応がある患者さんに対しては、ドクターヘリ等の広域搬送手段を用いた体制を更に強化する必要があります。

 最後になりましたが、私は旧宇摩郡伊予土居町の出身です。地元出身者の一人として、少しでも地域の方々のお役に立てればと思っております。何卒御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、院長就任の御挨拶とさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年4月1日 社会医療法人 石川記念会 HITO病院 病院長 相引 眞幸
理事長ご挨拶

地域に果たす、私たちの使命。地域包括ケアシステム実現に向けて。地域に果たす、私たちの使命。地域包括ケアシステム実現に向けて。

2019年4月1日 社会医療法人石川記念会 HITO病院 理事長 石川ヘルスケアグループ 総院長 石川 賀代

期待と変化に満ち溢れた新年度が始まりました。

 これからの社会は、老年人口・生産年齢人口が共に減少する2040年に向かって、いかに自分らしさを維持しながら長生きするかが重要になってきます。そしてこれを実現するためには、私達医療・介護従事者が、病気の治癒だけにフォーカスし入院期間中の支援のみを行う「治す医療」から、入院前や退院後の生活まで目を向け、元の生活に早期に戻れるための「治し支える医療」へと転換することが必須となります。また85歳以上の高齢者の多くは認知症を発症しており、このような病気を「抱えて生きること」への支援も必要です。

 しかしこれらの課題は、決して一つの医療機関だけで解決出来るものではありません。地域の医療機関・福祉施設・行政・患者・家族が垣根なく情報共有を行い、生活の視点を持った医療、あるいは医療・介護の視点を持った生活支援を行うことが非常に重要です。こうした地域内多職種連携によって、健康寿命の伸長や、シニア世代の活躍による生きがい創出、地域の生産性の向上といった、「持続可能な地域の未来」へと道が開けるものと考えます。

 5月からは元号も改まり、様々な面で変化に満ちた一年となります。私自身も、HITO病院理事長、石川ヘルスケアグループ総院長として、スタッフや地域の皆様と共に「いきるを支える」街づくりに向け邁進して参ります。
 今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

2019年4月1日 社会医療法人石川記念会
HITO病院 理事長
石川ヘルスケアグループ 総院長 石川 賀代