menu
HITO病院 menu close
  • 看護部
  • 採用情報
  • mail
  • map
  • facebook
  • twitter

x 閉じる

スタッフ紹介

消化器内科 副部長
野村貴子
のむら たかこ
消化器内科 副部長
野村貴子
のむら たかこ
卒業年次
平成15年卒
専門分野
消化器内科
学会認定・所属学会
日本内科学会 総合内科専門医・指導医
日本肝臓学会 肝臓専門医・指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・指導医
日本消化管学会 胃腸科認定医・専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
モットー
誠心誠意
患者さんへひとこと
病める人の尊厳を守り、良質で安全な医療の提供を心掛けています。病を診るだけでなく人を診る医療によって安心していただけるよう努めます。
閉じる
消化器内科 医師
小野正文
おの まさふみ
消化器内科 医師(非常勤)
国立大学法人 香川大学 肝・胆・膵内科学先端医療学講座 教授
小野正文
おの まさふみ
卒業年次
平成●年卒
専門分野
消化器内科、肝疾患
学会認定・所属学会
日本消化器病学会 消化器病専門医・指導医
日本肝臓学会 肝臓専門医・指導医
モットー
   
患者さんへひとこと
   
閉じる
消化器内科 医師
小林聖幸
こばやし きよゆき
消化器内科 医師(非常勤)
国立大学法人 香川大学 肝・胆・膵内科学先端医療学講座 准教授
小林聖幸
こばやし きよゆき
卒業年次
平成14年卒
専門分野
消化器内科、特に胆・膵疾患
学会認定・所属学会
日本消化器病学会 消化器病専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・指導医
日本胆道学会 認定指導医
日本膵臓学会 認定指導医
モットー
消化器疾患、特に胆膵疾患の正確な診断と最善の治療が行えるよう心がけています。
患者さんへひとこと
消化器疾患、胆膵疾患等についているでもお気軽にお尋ねください。
閉じる
麻酔科 部長
髙石
たかいし かずし
麻酔科 部長
髙石
たかいし かずし
卒業年次
昭和55年卒
専門分野
麻酔科
学会認定・所属学会
本麻酔科学会 麻酔科専門医・指導医
日本救急医学会 救急科専門医
日本ペインクリニック学会 ペインクリニック専門医
モットー
過ちて改めざる、是れを過ちと謂う
患者さんへひとこと
皆さまに良質な医療を届けるお手伝いをさせていただきます。
閉じる
放射線科 医長
平井邦明
ひらい くにあき
放射線科 医長
平井邦明
ひらい くにあき
卒業年次
平成25年卒
専門分野
放射線科、画像診断
学会認定・所属学会
日本医学放射線学会 放射線科専門医
日本医学放射線学会診断専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
医学博士
モットー
継続は力なり
患者さんへひとこと
画像診断を通して患者様のお役に立てるよう頑張ります。
閉じる
整形外科 医長
石丸泰光
いしまる やすみつ
整形外科 医長
石丸泰光
いしまる やすみつ
卒業年次
平成22年卒
専門分野
関節(膝関節、股関節)、外傷
学会認定・所属学会
日本整形外科学会 整形外科専門医
日本人工関節学会
日本骨折治療学会
中部日本整形外科災害外科学会
モットー
いつも明るく
患者さんへひとこと
少しでも患者さまの手助けになれるよう頑張りますのでよろしくお願いします。
閉じる
整形外科 医師
中須賀允紀
なかすか まさき
整形外科 医師
中須賀允紀
なかすか まさき
卒業年次
平成26年卒
専門分野
整形外科
学会認定・所属学会
日本整形外科学会
日本骨折治療学会
中国四国整形外科学会
中部災害整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
モットー
    
患者さんへひとこと
   
閉じる
外科 医長
垣生恭佑
はぶ きょうすけ
外科 医長
垣生恭佑
はぶ きょうすけ
卒業年次
平成27年卒
専門分野
消化器外科
学会認定・所属学会
日本外科学会 外科専門医
日本臨床外科学会
日本消化器外科学会
日本内視鏡外科学会
日本大腸肛門病院学会
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会
モットー
患者さまに寄り添った医療
患者さんへひとこと
研鑽を重ね、患者さまにとって最善の医療を提供できるよう努力致します。
閉じる
外科 医師
市川奈々子
いちかわ ななこ
外科 医師
市川奈々子
いちかわ ななこ
卒業年次
平成29年卒
専門分野
外科
モットー
   
患者さんへひとこと
   
閉じる
臨床研修医
新居聖佳
あらい みか
臨床研修医
新居聖佳
あらい みか
卒業年次
令和2年卒
モットー
   
患者さんへひとこと
   
閉じる
臨床研修医
鈴木結香
すずき ゆいか
臨床研修医
鈴木結香
すずき ゆいか
卒業年次
令和2年卒
モットー
   
患者さんへひとこと
   
閉じる

理事長・病院長より挨拶

昨年は、新型コロナウイルス感染症の拡大によって私たちの生活は一変しました。4月から5月にかけては、全国での緊急事態宣言発令に伴い、外出や人との接触を自粛せざるを得ない環境の中、病院への通院に対する不安の声も多くいただきました。さらに年明けからの第3波襲来に加えて、現在も変異株の感染拡大が懸念される中、当院でも発熱外来の開設に始まり、院内感染防止対策の徹底を図りながら、救急医療をはじめとする地域医療継続のため、職員一丸となって対応してまいりました。
感染拡大時には、県内、感染患者受入病床の逼迫、さらには、認知症高齢者が新型コロナウイルスに罹患した場合の対応は、極めて難しい状況にあることから、当院においても急遽、感染症患者の受入を開始しました。
また、当院では、以前より導入していたICTを積極的に活用し、オンライン診療を開始し、非接触での体調確認やCO2濃度モニタリングも参考に、密回避対策等を実施し、皆さまに継続して安心した医療を提供できるよう院内感染防止に努めてきました。病棟での面会制限に伴い、オンラインによる面会や病状説明にご協力いただいた利用者の皆様にお礼を申し上げます。
今年度4月からは、当院が果たすべき役割を強化するため、新たに「心・脳血管疾患センター」を開設いたしました。2018年12月、「健康寿命の延伸等を図るための脳卒中、心臓病その他の循環器病に係る対策に関する基本法」(脳卒中・循環器病対策基本法)が成立し、寝たきりなど重度の要介護の原因となる脳卒中や心筋梗塞などの循環器病の予防推進と、迅速かつ適切な治療体制の整備が求められています。いかに早く発見し、迅速な治療を行い、その後の回復期治療やリハビリテーション、生活期まで切れ目なく適切な医療を提供できるかといったことが重要となります。センター化によって、専門性の高い治療体制を整備するとともに、多職種協働のチーム医療を実践し、より早く在宅に復帰できる診療の提供を目指していきます。
また、今後、高齢化が急速に進む宇摩医療圏へ質の高い医療を提供し続けることが課題となります。そのため、当院では、新たに香川大学と連携して「肝・胆・膵内科学先端医療学講座」を立ち上げ、肝・胆・膵の消化器疾患を中心に専門性を強化するとともに、最先端の医療の提供を目指していきます。今後も引き続き救急医療、高齢社会に対応する医療の提供体制の整備を進め地域の医療・行政機関と協同し対応してまいります。
今後もスタッフ一同、地域住民の「いきるを支える」安心・安全な医療を提供できるよう精進してまいります。今年度も何卒よろしくお願いいたします。

心・脳血管疾患センター長 循環器内科部長 伊藤  彰

このたび、新たに心・脳血管疾患センターを開設いたしました。
これにより、発症後超急性期の血管内治療からリハビリ、再発予防のための薬物治療・生活指導へとシームレスにより質の高い医療を提供することが可能になりました。
心疾患と脳血管疾患を合わせた「心・脳血管疾患」はがんに次いで日本人の死因第2位であり、高齢人口が益々増加する社会において一層その診療体制整備が重要となっています。国においても2018年12月に「健康寿命の延伸等を図るための脳卒中、心臓病その他の循環器病に係る対策に関する基本法」が制定され診療体制の整備が進められているところです。当院の強みである24時間体制での急性期治療から回復期リハビリテーションに至るまでのチーム医療を最大限に生かし、皆様の”健康寿命の延伸”を支えてゆく所存です。

心・脳血管疾患センター長 循環器内科部長 伊藤  彰